忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 すっかり遅くなりましたが、新年一回目ということで明けましておめでとうございますm(_ _)m。本年もお手柔らかにお願いします。考えてみるといつの間にかこのブログも初めての年明けでもなく二回目なのですな。レバ刺し専門のブログということで希少価値があるのか、日に訪れてくださる数もそれなりにアップしているようで、平均して100以上あったときもあるし、かといって気を抜いていると元日のようにアクセス数がガタ減りの15とかいう数字もあって、何なのか?と首を傾げたくなったりします。

f3e958ef.jpg
 先月末のこと、仕事で横須賀方面に行って来ました。夕方仕事が終わって解放されると折角ここまで来たのだからと一杯やって行くことにしました。どこか手頃なお店はないかと街をほっつき歩いていると古びた暖簾に惹かれて入りました。『忠孝』というお店です。立ち飲みとも書かれていましたが、実際には座って飲む方が多いようでした。立ち飲みのスペースも極僅かにあるという程度です。
いささか疲れていたので座りに文句があろう筈もありません。ホッピーと共にメニューに見つけたレバ刺しの文字。
レバ刺し¥570。牛か豚かはハッキリ判りませんでしたが、他のホルモンのメニューを見るとどちらも取り扱っているお店ですのでどちらの可能性も捨て切れません。個人的な判断基準からすると、豚なら高過ぎるし牛なら納得の感じですが皆様はどのようにお感じになりますか?
食べた感じからするとプリプリ感は一歩及ばず、それでも鮮度が悪いという感じはしませんでしたが。タップリの白髪ネギをあしらい、パセリのつけ合わせは料理人のセンスの良さを感じさせるもの?
また後日談になりますが帰って来てこのお店を調べると『忠孝』というお店は他にもあり、そちらも非常にそそられるお店でした。
■焼肉 ホルモン 忠孝(ちゅうこう)
■住所:神奈川県横須賀市若松町1-4-8
■電話:046-825-5567 
■定休日:火曜
■営業時間 :16:30~翌1:30


大きな地図で見る

拍手[1回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 いよいよ年の瀬も押し迫ってきた今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?ワタクシは少し前に風邪を引いてしまったので、今期はもう風邪を引くことなどないと思っていたのも束の間、何だか一昨日ぐらいから喉が痛いのは不気味な感じ。皆様はお風邪を召されぬよう。
前回に引き続き野方のもつ焼きの名店『秋元屋』さんにて。 
90127486.jpg チレ刺し¥300。レバ刺しが¥350に対してチョッと安いですね(嬉)。それにしてもレバ刺しの認知度に較べてもチレ刺しは殆んど知られていないんじゃないかと思っちゃいましたけれど、どうでしょうか。ワタクシ焼き物では食べていてメニューに乗っていれば必ずと言っていいほど注文しますが、刺し、は初めてです。
少しザラりとした食感はハツともレバーともまた異なった食感で生臭みは全くなし。ご覧の通りの色合いで鮮度感も抜群でした。これなら薬味もナシでいけるんじゃないでしょうか?こうしたもつ系の刺身が苦手な人にも案外食べて頂けるのではないかと思います。
■秋元屋
■住所:東京都 中野区野方5-28-3
■電話:03-3338-6236
■定休日:月曜日
■営業時間:
[平日]17:00 - 24:00
[土曜日]17:00 - 24:00
[日曜・祝日]16:00 - 22:00
  

大きな地図で見る

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 ようやく寒さが本格的になってきたようで冬らしくなってきました。北の生まれなのでどうしたっていつまでも秋の気分のまま冬を迎えるのですが、雪が降らないと冬が来た気がしません。
久し振りに東京西部の野方へ出掛けてきました。野方といえばココ、というぐらいのもつ焼きの名店になった秋元屋さんです。久しぶりというからにはどのくらいかと思ったら一年半ぶりぐらいで、その間にお店は拡大し隣にまでその勢力を広げていました 。外の冷気を遮断する厚めの透明ビニールは相変わらず。規模を拡大しても混雑は相変わらずです。
71725687.jpg   レバ刺し¥350。デフォルトで塩が振りかけられていて、時間が経つごとにその塩の脱水作用で白っぽく変色していきます。テーブル上には胡麻油があるのでそれを好み出かけていただきます。さっぱりなのはそのまま、胡麻油をかけるとコクが出ます。元来胡麻油はその風味で臭い消しの作用があるからなのですけれども、こちらのお店のモツは新鮮そのものなので臭い消しというよりは風味付けの意味合いが強いです。
■秋元屋
■住所:東京都 中野区野方5-28-3
■電話:03-3338-6236
■定休日:月曜日
■営業時間:
[平日]17:00 - 24:00
[土曜日]17:00 - 24:00
[日曜・祝日]16:00 - 22:00


大きな地図で見る

拍手[1回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 少し前に風邪を引いてしまいました。今流行のインフルエンザかと思ったのですけれど、熱っぽいのはほんの一日だけで顔が火照っていただけ。その後は発熱することもなく専ら鼻と喉の痛み。市販の薬で数日間で治まったものの、暫らくはティッシュが手放せなくなる始末。でもほぼ完治したのでこの冬は乗り切れるでしょう。
そんな風邪の症状が出始める前のこと。たまたま練馬へ行くことがあって、ここへ来たらということで、東京西部でも好きなお店である四文屋さんを訪れることにしました。
be494d31.jpg
  レバ刺し¥100x2本。コチラのお店では生でも食べられるほどの鮮度のモツの串焼き用に刺したものをそのまま出すスタイルのようです。エッジのビシッと立ったレバーはプリプリとしていて新鮮そのもの。酸っぱめの特製のタレが掛けられて提供されます。タップリの刻みねぎはワタクシは好きだから良いけれど、苦手な人は卒倒してしまうのでは?(笑)。
焼き物も色々な部位が揃っていて、あちらこちらを食べ歩いて来た経験がある中でも知らない部位があったりして、並々ならぬこだわりを持つお店なのにチェーン展開していて活気あるお店。奇跡のような存在です。
■四文屋 練馬店
■住所:東京都練馬区豊玉北5-20-9
■電話:03-3991-7388
■営業時間:17:00~
■定休日:不明


大きな地図で見る

拍手[1回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 今思い起こせば、何で当ブログは『レバ刺し連合』と名付けたのかということは申し上げていなかったと思いますが、最初にレバ刺しの専門ブログということで思いついたのは、『レバ刺し同盟』というタイトルでした。しかしながら、このタイトル検索をしてみると、実際にこの名前のブログが存在することを知り、それならばと少しひねって『レバ刺し連合』と名付けました。『他にはレバ刺し連邦』だとか『レバ刺し共和国』だとかも考えましたが、後でいくらでも変えられるだろうと思いつつも、この名前で暫らく来て一年以上続いているので、今更変えられないような気がして来ました。
さて本所の『わかば』さんシリーズ最終です。一日で複数の種類のモツの刺身を食べることは、一人だとなかなか適わない のですけれど、この日は3人で分けていたので3種類楽しむことが出来ました(嬉)。

5d649e66.jpg
 ハツ刺し¥400。脂肪もなくさっぱりとした肉でほど良いシコシコ感、生臭さは全くありません。これならレバ刺しの苦手な人でも食べてもらえるんじゃないかと思います。今回全て薬味はお店にお任せでしたが、こちらはすりおろしニンニクとネギの小口切りが添えられていました。他にも前回述べたように様々なモツの刺身が頂けるので、少し変わったモツ刺しを試したい向きにはおススメです。
■ わかば
■住所: 東京都墨田区本所4-19-9
■電話:03-3623-1459
■定休日:日曜日・祝日
■営業時間:
[平日]17:00 - 23:00
[土曜日]17:00 - 23:00

大きな地図で見る

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME