忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

  設置しておいて何なんですけれども、良く使い方が判らなかったのがWeb拍手。数値が上がれば喜んでいたのですけれども、コメントが付けられていることに気がついたのはつい先日のこと。今まで気がつかずにスミマセン。改めてお礼を申し上げます、キティさん、陽子さん、ゆりさん。コメントありがとうございました。あいにくそこにコメントをお返しできないので、この場で申し上げておきます。他にも使っているブログのサービスではFC2がありますが、そこでは直接返せるようですけれども、ninjaブログではできないようです、残念。

   いつの間にやらズルズルベッタリで更新をしないまま月末を迎えてしまいました。というかGW直前です。明日から長い休みに突入という方も多いのではないのでしょうか。自分も長い休みながらどこへ行くアテもなく、時間だけがあるばかりです(苦)。
   先日のこと、久しぶりに池袋で飲む用があり、ノコノコと出かけてきました。何軒か立ち飲みをハシゴした後に立ち疲れのため、入ったのが加賀屋さん。池袋は初めてです。
8e036ee7.jpg  レバー刺し¥473。おそらくは豚レバーでしょう。綺麗に並べられたレバーのスライスは一人でつまむにはたっぷり。二人でも十分な量かもしれませんね。ただ当ブログを御覧になるようなレバー好きの方ならば一人一皿で至福の時を過ごされることでしょう。薬味は特に指定せずにフルセット(ネギ・生姜・にんにく)が添えられてきました。
他の加賀屋さん同様に活きの良い活気あふれる居酒屋の雰囲気を存分に楽しめる良店です。
■加賀屋 池袋店
■住所:東京都豊島区東池袋1-41-16 成沢ビル 2F
■Tel:03-3984-1194
■営業時間:16:30~23:30
■定休日:日曜・祝日
【地図はコチラをクリックしてください】

拍手[10回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 今回の大地震が起きてから一ヶ月が経過し、そろそろ落ち着きを見せてくれるかと思っていた矢先に、再び大きな余震がもたらされて、まだまだ不安な日々を過ごさなくてはないようです。しばらく大人しくしていたのですけれども、更新を放って置いても、来て下さる皆様に失礼ですので、そろそろ復活いたします。
今回のお店は、この大地震の起こる前に訪れたネタです。 一つ前の記事でも取り上げた西巣鴨(庚申塚)のエビス参というお店に機会があり、再び訪れることになりました。モツが本当は苦手、レバ刺しなんてもっての他、という知人が、ここのレバ刺しは食べられると言うほどの物なので、どんなものか見てみようと腕まくりです。
6b639384.jpg レバ刺し¥400。少しポッテリとしたレバーの切り身が6ヶほどでしょうか、たっぷりのねぎに隠れてしまい良く見えません。個数はその時の切り方によって変わることもあるのでしょうからあくまで目安として下さい。
なるほどこれは新鮮なレバーです、プリプリとした弾力のある歯ごたえが魅力で、臭みもありません。薬味は他に何があったかはもうほとんど一ヶ月も前のことなのですっかり失念していますが。
他の『エビス』参のお店の多くは東京の西側に多くに存在するようです。他のお店も同じレベルなのかは未確認ですけれど、もつ焼きもそこそこお手軽なお値段で食べることができるチェーン系のこれから伸びていくかも知れないお店です。
■エビス参 西巣鴨店
■住所:東京都豊島区西巣鴨2-34-11
■Tel.:03-5567-4129
■営業時間:営業時間16:30~23:00
■定休日あり(お店に問い合わせてください)
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[4回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 すっかり遅くなりましたが新年一回目の更新です。 明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願い致します。正月休みも終わったと思ったら、成人の日の3連休があったりと、何時まで経っても休み気分が抜けずに仕事は本調子になりませんが、もう半月が経とうというところ。
年末、所用があって上野へ行くことになりました。上野というと何軒かご紹介してきましたが、今回はJR上野駅から御徒町へとつながるガード下のお店。勇(いさむ)というらしいです。昔、こちらのお隣りのところに日本酒を廉価で飲ませる良心的な居酒屋があったのですが、数年前になくなりました。こちらのお店はそこよりも前から営業しているそうで、知らなかったなぁ(失礼)。
87892528.jpg レバ刺し¥350。 7切れほどのスライスが角皿に乗りこれで¥350なら文句なし。にんにくかショウガを選べました。今回はショウガをチョイス。ネギも程良くたっぷりです。パセリのあしらいは、そういえばそれほど値も張らないのですけれど他では見ませんね。コントラストが綺麗で良いのに。
シコシコした、おそらくは豚のレバー、他のつまみも廉価だしこれはまた手頃な居酒屋を発見しました。女性一人でふらり、という感じではないですけれどもね。
■居酒屋 勇(いさむ)
■住所 :東京都台東区上野6-12-5
■TEL:03-3839-1948
■営業時間・定休日は不明
【地図はこちらをクリックして下さい】
 

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 そろそろ、今年も押し詰まって参りました。残すところあと半月と思いつつ、週末を迎えて休みが明けたら、20日過ぎ、クリスマス直前と言うもうすっかりカウントダウンに近いものがあります。今回を含めまして、もう一回ぐらい更新したいものですが、その頃になるとバタバタして飲みに明け暮れている可能性が非常に高いのが例年のこと。
前回の日暮里の豊田屋さんを出て、駅前の角打ちで一杯飲んだ後、ブラブラと西日暮里方面に歩いていて入ったモツ焼き屋さん。喜多八さんと言いますが、『喜』の文字は実際には七が三つで表記されております。
e943bee8.jpg またしてもレバ刺しを発見したので注文しました。レバ刺し¥400。これは運ばれてくるまでそれほど待たされずに結構早かったです。何よりもその量にすっかりテンションが上がります。8切れほどあるので、一人でタップリ楽しめ、二人でもつまむには丁度良いぐらいです。もちろん、レバ刺し好き同士なら一人一皿が鉄則でしょう。それぐらいこちらのお店のレバ刺しはリーズナブル。鮮度も文句なし、プルプルしたレバーは恐らく豚でしょうが、ほど良い厚みにスライスされたレバーは噛み締めると甘みが口の中に広がります。他のメニューも手堅いところを押さえた、モツ焼き屋さんらしいメニューのラインナップで値段もお手頃、非常に好感が持てるお店でした。駅の改札口から2分程度なので、アクセスも帰りも便利なお店です。
■喜多八 西日暮里支店
■住所:東京都荒川区西日暮里5-21-4
■TEL.:03-3801-5268
■営業時間&定休日は不明です。
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 1  △ 

 12月というのに比較的暖かい日が続いていたと思いきや、いきなりグンと気温が下がって今日は冷えます。前日と5度以上気温が変わると、暑い時にしろ、寒いのにしろ身体がビックリしてしまいます。皆様に於かれましては、風邪など召されませぬようにお気をつけ下さい。
   日暮里は初めて訪れる街。ということでどこか良さそうなお店は無いかなと検索して引っ掛かったのがこちらの豊田屋さん。豊田屋さんというと、 過去には平井の同名店池袋にも同名店を訪れています。それらが暖簾分けなどの関連性があるかは不明なのですが、こちら日暮里の豊田屋さんは『おさかな料理』と銘打ち魚料理がメインのお店。ということで、期待もせずにメニューを眺めているとレバ刺しの文字を発見したので、すかさず注文してみました。
0fc02b06.jpg 牛レバ刺し¥520。プックリした切り身が4つほど角皿に乗ってきました。うーんチョッと微妙な分量です。牛レバーは豚のレバーに比較するとややお値段が張るので、これぐらいの価格設定は仕方ないとの認識を持っていますが、もう1・2枚ないと満足した、とは言えないです、正直。同行者も呆気に取られていました。
   豚レバーとは異なる甘みを湛えた牛レバーはそれらしい味わいでしたが、食べたことによって却ってレバ刺しへの渇望が高まったのは自然な事かもしれません。
■豊田屋 (とよたや)
■住所:東京都荒川区東日暮里6-60-11
■TEL:03-3891-5457
■営業時間:16:30~24:00
■定休日:日曜日(祝日は未確認のため予め電話なさることをおススメします)
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[2回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME