忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 すっかり更新が止まってしまっていて申し訳ないです。元々夏場はモツを扱う多くのお店でも レバ刺しの取り扱いを控える時期でもあるので、ネタ集めには苦労するのですが、特に今年は生肉騒動もあり、レバ刺しの自粛が相次いでおり、筆者自身レバ刺しにありつけていないのです。
ということで飲みに行き、レバ刺しを扱うお店であれば一応念のためチェックはしているのですけれども、やはり控えているお店の情報も交えてお伝えしていこうと思います。
   6月の前半、巣鴨の『でかんしょ』というお店を訪れました(6/10)。巣鴨の他にも新小岩・亀戸・錦糸町・池袋などに支店を持つ廉価な立ち飲み屋さんです。
   こちらではメニューにはレバ刺しがあるのですが、その時には取り扱い休止の旨が書かれた張り紙でカバーされているといった状況でした。他の支店では確認していませんが、チェーン店であることを考えると・・・(-_-;). その後、 ホームのお店であるニシキ屋@錦糸町。こちらでは、6月の半頃訪れた時は、やはり取り扱いを自粛とのことでした。こちらのお店は他に支店があるのかは判らないような独立系のお店に見えますが、聞くとすぐ近くの飲食店ともオーナーは一緒の多角経営をされているお店なので、本部の意向で自粛とのことでした(2011年6月中頃時点)。
くまっちの腹ぺこ日記というこちらのブログ記事を見ていて偶然知ったのですが、そんな中でもレバ刺しを出しているお店があるようです。新宿のまっちゃんというお店は、過去に取り上げたことがありますね。その時の記事はこちら
そんな記事を読んで、また元気づけられていたのですが、たまたまフラリと寄ったホームのニシキ屋さん。4ee366b1.jpg
レバ刺し¥480。久し振りにお見かけしました。この間は無かったんだけれど、とマスターに聞くと一時的に提供することにしたんですとのこと。今後はいつ止めるかはハッキリしないけれど、どうも無理っぽいですとのお答え。でも久しぶりに頂いたレバ刺しは涙がうっすらにじむほど美味しかったですねぇ。

にほんブログ村 酒ブログ 関東飲み歩きへ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 先日、バスに乗っていたら後からやって来た、ギャル系の二人連れが『この間あそこの焼肉屋でレバ刺しを食べたんだけど、チョー美味くて・・・』という話を直ぐ傍でし始めて、詳しく聞いてみたい気にも駆られましたが、グッと堪えました。ヘンな人と思われても癪に障るので。それでも、レバ刺しが好きだという話を身近に聞いて、嬉しくなりました。
最近手薄になっていた錦糸町の街で、新規オープンのお店をチェックすることもなく、数ヶ月が過ぎていましたがたまたまウェブで情報をチェックしている時に見つけたお店。レビューを見ているとこれがなかなかの高評価。魚料理に惹かれる記述がありながらも、レバ刺しが置いてあるというのも面白くて早速行ってみることにしました。26fb1bc1.jpg         
レバ刺し¥400。比較的大き目の、厚みもあるレバー片が9切れほど。数というよりもひとつの塊を切り分けているかのようですが、はっきりは判りません。今ではすっかり仲良くなったので今度聞いてみましょう。
魚がメインの居酒屋の割にこうしたモツ系の刺身も新鮮で楽しめるというのはありがたいことです。決して広くはないし混んでいると入るのは至難の技ですが、今後とも期待できるお店です。筆者のパターンですと、酎ハイ4杯にお通しと二品ぐらいで¥2,500程度というのが多いです。
■七伍屋
■住所:東京都墨田区錦糸4-12-8
■TEL.:03-6751-8758
■営業時間:16:30~24:00
■定休日:日曜日+不定期で土曜日も休みあり
【地図はこちらをクリックして下さい】  

拍手[8回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 連日しぶとく暑さの続く毎日ですが、それでも少し前から早朝は少し涼しくなってきておりますね(嬉)。それにしても雨が降らないので主婦の方々は洗濯物が乾いてよろしいのでしょうけれど、野菜には水不足で困ったことになりそうな予感が。秋以降の野菜の高騰が目に見えるようです。
墨田区と葛飾区を隔てる荒川の南側、八広(京成線)と鐘ヶ淵(東武線)を結ぶ東京都道449号は、その筋の方々には酎ハイ街道と呼ばれていると聞いた事があります。隅田川の花火大会の終わった翌日、ブラブラと出掛けてみました。いくつかのブログの記事などで読んだお店も散見していましたが、水戸街道(国道6号線)から鐘ヶ淵の駅までとりあえずひと通り流して見ると、横道の方に良さそうな雰囲気のお店が見えました。看板にも『ホッピー レモンハイ 牛太郎』とありなかなかの古株の様子。早速入って見ました。
aad36bf1.jpg レバ刺し¥270。少し前で記憶が少し曖昧な部分もあるけれどこれぐらいだったと思います。食べログなどでも情報が少ないお店なのでもし間違っていれば、お教え頂ければ幸いです。
日曜日だったのでレバ刺しがないかと思っていたのですが、注文すると迷うことなく出されてきたのがこちら。これまでで初めての体験、箸ではなく串が一本添えられています。屋台とか立ち飲み屋ではなく、こうしたもつ焼き屋さんでは初めての事で、一瞬言葉を失いました。中央部のニンニクもすりおろしのものを、少量皿に載せ、醤油を掛けてグルグルと混ぜ供された、そのままを撮影したものです。これだったらニンニクをそのまま添えて出されている方が好ましいかなとも思いました。
値段からすると充分満足の行くものですが、こちらのお店全体的に値段はお安め、酎ハイも¥300程度でした。常連らしいお客さんと、マスターが大声で話しをしていましたが、しっぽり静かに、という感じではなかった雰囲気にTPOで使い分けの必要なお店だと感じました。
■牛太郎
■住所:東京都墨田区墨田4-13-2
■TEL.:03-3612-1549
*定休日、営業時間は不明ですが訪問時は日曜日の夕方でした。
【地図はこちらをクリックして下さい】
 

拍手[1回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 お陰様でコンスタントなアクセスを頂いている当ブログですが、一日平均の数字が出しにくいですけれども、80~150ぐらいの数字で推移しています。おおよそ月に3回ぐらいのペースでの更新にしては、なかなか良いペースのように思います。別のHNでメインのブログを書いているのですが、週4・5回の更新ペースでも一日の純粋なアクセスは200を超えるか超えないかというところですので、それだけこのレバ刺しに対しては好きな方の熱意が伝わって、このアクセス数に現れているのではないかと、感謝しきりです。
  先日の元気@秋葉原の後に、移動して訪れたお店。知人のブログでかなりの高評価を受けていた三徳さんという居酒屋さん。森下から清澄白河までの間というのは、余り詳しくはないものの、たまには高橋の商店街内にある鳥長という焼き鳥のお店に行ったりもしていましたが、清澄通りを越えてこのあたりは最近発掘している地域です。その高橋の商店街『のらくろーど』のある通りにポッカリ浮かぶ赤提灯。
  店内に入ると、既に盛況でカウンターにポッカリ空いた席にもぐりこみました。勢いのある居酒屋さんですが、それがガチャガチャとした喧騒にならないのが、居心地のよさに繋がっています。初めてなのに安らぐお店って良いですね。
3560dd92.jpg
  レバ刺し¥500。薄くスライスされたレバーはおそらく豚でしょう。10切れほどありますので一人でも二人でも楽しめるでしょう。丁寧に盛り付けられたレバ刺しは充分値段なりの価値があります。
  ショウガが添えられ、大根のツマと大葉の上に並べられたレバーには浅葱と白胡麻があしらわれていて盛り付けもキレイ。特製のタレには胡麻油の風味も利いています。
  ところでこちらのお店、『純レバ』といわれるレバーの炒め物が特に名物らしいです。純レバでは亀戸と錦糸町の間の菜苑というお店が有名で、浅草の千束辺りにも同じ名前のお店があり、どちらも同じようなメニューを掲げていますが、ここの三徳さんとはどういう繋がりかは不明です。
■居酒屋 三徳
■住所:東京都江東区常盤2-11-1
■TEL:03-3631-9503
■営業時間17:00~24:00(L.O.)・ランチタイム営業あり
■定休日:第1・3・5日曜日
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[2回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 前回コメント欄でご指摘頂いたので地図はリンクを貼る形に変更させて頂きました。筆者のPC環境はWindows XP、ブラウザはOperaもしくはFirefoxで更新しています。その二つで不具合がなければIEでも問題ないはずだと思いますが、コメントに3時間掛かるとは、やや不思議ですけれどそういった不具合も他の方にあればご報告頂ければ幸いです。
亀戸というのは錦糸町と並び、隅田川以東では賑わいを見せる繁華街でありますが、錦糸町の構えの大きさ(建築物が大きいものが多い)のとは対照的に、大衆的、下町の雰囲気を残したまま庶民的なお店から、大手のチェーン店までもが豊富に揃う一大歓楽街という顔も持ち合わせています。そんな亀戸というと亀戸天神(正確名称は亀戸天神社)というのが、一つの名所。藤の時期には藤まつりが行われ近隣だけでなく遠方からも多くの人々が訪れます。
そんな亀戸天神からそれほど遠くはない場所にあるこちらのお店、小池屋さん、蔵前橋通りを明治通り方面に歩いていると、ポツンと赤提灯が暗闇に映えます。
79a77685.jpg レバ刺し¥420。丁寧にスライスされた豚レバーは15片ほど、刻みネギとニンニクが添えられています。ニンニクはもちろんショウガにも変えられます。
これぐらいの量があれば二人でつまんでも充分楽しめそうです。もちろん、このようなレバ刺し専門のサイトをご覧になるからには、これぐらい一人で楽しまれる方が殆んどでしょうが(笑)。
他のメニューは基本的にモツ焼き屋さんですから、焼き物はもちろん、おおよそ手堅い定番メニューは揃っています。ただ居酒屋さんほどではないので、今日はモツ焼きが食べたい、という方には最適だと思います。
■もつ焼 小池屋
■住所:東京都江東区亀戸3-46-10
■TEL:03-3684-7437
■営業時間:18:00~
■定休日 不明 日曜営業の情報あり
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[2回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 1  △ 
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME