忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 先日ウェブで知り合い、飲み仲間となっている友人が関係している(意見している?)飲み屋さんが開店したとのことで、のこのこ誘われるままに出掛けてきました。庚申塚という都電荒川線の駅が最寄となるそうですが、この辺りでは飲んだ記憶が無い、未開の地です。
97b92417.jpg ガツ刺し¥400。  少し遅れての到着でしたから先に注文、届いていたもの。レバ刺しを追加しようとも思ったのですが、次の予定が詰まっていたので叶わず残念。
ガツ刺しはゴムみたいなゴリゴリの物も良くありますが、ここのは外側だけ火を通して中がまだレア状態のシャキシャキした状態。オニオンスライスの上に薄切りのガツが10片ほど、ショウガとネギが添えられていますが、臭みは全くなし。
他に刺し物はハツ刺しも壁のメニューにありましたが、レバ刺しの表示はありませんでした。おぼろげな記憶ではありますが外側を加熱したものの提供でしたでしょうか。
■エビス参 西巣鴨店
■住所:東京都豊島区西巣鴨2-34-11
■Tel.:03-5567-4129
■営業時間:営業時間16:30~23:00
■定休日あり(お店に問い合わせてください)
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[1回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 日が経つのは早く、もう今月も半ばに差し掛かりました。『今年も残すところ』という常套句が、そろそろチラつき始める頃合となりましたね。とはいうものの今年の夏の余波を受けてか、10月だというのに昨日現在で夏日が6日もあるとのこと。また報道では夏が暑い年は、冬場は冷えるとか。
本日はまだ夏の頃のネタ。暑い最中だったのと、同行者がレバ刺し好きなのか判らずに、遠慮してガツ刺しにしてしまいました 。
505ee7c9.jpg ガツ刺し¥390。ちなみにレバ刺しも同価格。厚めにスライスされたガツは歯応えもシコシコしていて、臭みもなく大変結構。ニンニクとショウガおろしがデフォルトで添えられていました。どちらを使うかは好みによるでしょう。
ところでこちらのお店、店員さんは『加賀廣』のTシャツを着ていて、尋ねると直ぐ近くの加賀屋・北千住店で修行された方だとか。道理でどことなく似通っているのですね。南越谷の千野屋さんも同系列のお店で、全ては北千住店が核になっているようです。 
他にも基本的には加賀屋さんをベースにしたもつ焼き屋さんを思い浮べて頂ければ頷ける内容となっています。この日が偶々なのかもしれませんけれども、女性でも入りやすそうな、キレイな店内でした。
■まるかや
■住所:東京都足立区千住2-62
■Tel.:03-3882-9181
■営業時間;17:00~23:00(L.O 22:30) 日曜・祝日は16:00~22:00 売り切れ早仕舞いあり
■定休日:月曜日 
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[1回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 1  △ 

 あれよあれよ、という間に五月も終わりを告げて関東地方はそろそろ梅雨入りの6月を迎える時期になりましたね。皆様はいかがお過ごしでしょうか?本日東京はやや肌寒く、爽やかな五月はどこへ?という感じです。
さて、本日取り上げるのは、日本だけではなく世界にもその名を轟かせている、魔都『新宿』。今でこそ都庁があり西口方面はかなり近代的な高層ビルで埋め尽くされているコンクリートの街ですが、どっこい駅に隣接したション横(思い出横丁:新宿西口商店街が正式名だそうです)は昭和30年代からの雰囲気を今に色濃く残す貴重な地域であります。無闇に昭和30年代を持ち上げる気はサラサラないのですがね(筆者は'70年代生まれです)。
そんな東口の中でも、JRではなく西武線の新宿駅の目の前にある通り沿いに居並ぶ雑居ビルの一角に加賀屋西武新宿駅前店さんがあります。駅から至近で、それでもビルの二階にあるためか比較的空いている様に感じました。
fa95269d.jpg 前日にレバ刺しを食べていたし、今回は他のメンツと一緒でしたので遠慮して(レバ刺しが苦手な人もいたのです)、何か他のモツ刺しをとメニューを見ると二種類盛り合わせも出来ますという嬉しい提案がなされていたので、ガツとコブクロを刺し盛りにしてもらいました。それぞれ¥400なので、足して¥800なのか、それとも半分のりょうで刺し盛りなので¥400なのかは不明です。でもお会計は高く感じなかったのできっとリーズナブルなものです。
玉ねぎのスライスがタップリ盛られて、ポン酢のようなタレがデフォルトで掛かっていました。水菜もあしらってあり、肝心のガツとコブクロが見えないのは筆者の責任ではありません(苦笑)。
薬味はニンニクでしたがそれほど臭みは感じられずに、ショウガや胡麻油を軽く垂らすだけでも充分楽しめるようでした。
以前も述べましたが、加賀屋さんは居酒屋チェーンの中でも自由裁量の範囲が広いので、チェーン系居酒屋を毛嫌いする筆者でも楽しめるお店です。そのかわりといっては何ですが、お店によって個体差が大きいのも事実ですが。
■加賀屋西武新宿駅前店
■住所:東京都新宿区歌舞伎町2-45-7 石井ビル2F
■TEL:03-5272-4194
■営業時間:PM5:00~PM12:00 ラストオーダーPM11:30
■定休日:日曜のみ (月曜祭日の場合日曜営業祭日休み)

大きな地図で見る


 


 


 

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 1  △ 

 いよいよ年の瀬も押し迫ってきた今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?ワタクシは少し前に風邪を引いてしまったので、今期はもう風邪を引くことなどないと思っていたのも束の間、何だか一昨日ぐらいから喉が痛いのは不気味な感じ。皆様はお風邪を召されぬよう。
前回に引き続き野方のもつ焼きの名店『秋元屋』さんにて。 
90127486.jpg チレ刺し¥300。レバ刺しが¥350に対してチョッと安いですね(嬉)。それにしてもレバ刺しの認知度に較べてもチレ刺しは殆んど知られていないんじゃないかと思っちゃいましたけれど、どうでしょうか。ワタクシ焼き物では食べていてメニューに乗っていれば必ずと言っていいほど注文しますが、刺し、は初めてです。
少しザラりとした食感はハツともレバーともまた異なった食感で生臭みは全くなし。ご覧の通りの色合いで鮮度感も抜群でした。これなら薬味もナシでいけるんじゃないでしょうか?こうしたもつ系の刺身が苦手な人にも案外食べて頂けるのではないかと思います。
■秋元屋
■住所:東京都 中野区野方5-28-3
■電話:03-3338-6236
■定休日:月曜日
■営業時間:
[平日]17:00 - 24:00
[土曜日]17:00 - 24:00
[日曜・祝日]16:00 - 22:00
  

大きな地図で見る

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 今思い起こせば、何で当ブログは『レバ刺し連合』と名付けたのかということは申し上げていなかったと思いますが、最初にレバ刺しの専門ブログということで思いついたのは、『レバ刺し同盟』というタイトルでした。しかしながら、このタイトル検索をしてみると、実際にこの名前のブログが存在することを知り、それならばと少しひねって『レバ刺し連合』と名付けました。『他にはレバ刺し連邦』だとか『レバ刺し共和国』だとかも考えましたが、後でいくらでも変えられるだろうと思いつつも、この名前で暫らく来て一年以上続いているので、今更変えられないような気がして来ました。
さて本所の『わかば』さんシリーズ最終です。一日で複数の種類のモツの刺身を食べることは、一人だとなかなか適わない のですけれど、この日は3人で分けていたので3種類楽しむことが出来ました(嬉)。

5d649e66.jpg
 ハツ刺し¥400。脂肪もなくさっぱりとした肉でほど良いシコシコ感、生臭さは全くありません。これならレバ刺しの苦手な人でも食べてもらえるんじゃないかと思います。今回全て薬味はお店にお任せでしたが、こちらはすりおろしニンニクとネギの小口切りが添えられていました。他にも前回述べたように様々なモツの刺身が頂けるので、少し変わったモツ刺しを試したい向きにはおススメです。
■ わかば
■住所: 東京都墨田区本所4-19-9
■電話:03-3623-1459
■定休日:日曜日・祝日
■営業時間:
[平日]17:00 - 23:00
[土曜日]17:00 - 23:00

大きな地図で見る

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME