忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 ようやく、異常とも言える今年の夏の暑さも終焉を迎えつつあり、これからは残暑へと移り変わるようです。昼間はまだ暑い日があっても、朝晩は大分凌ぎやすくなってきました。北の生まれの筆者にとって嬉しい限りでございます。
夏の暑い盛りには出掛けるのも億劫になり秋葉原・神田界隈を訪れることも少なくなっておりましたが、少々涼しさも感じられるようになってきたことですし、また飲みに行きたい虫もウズウズして参りましたので暫らく振りに神田後を訪れました。事前に調べると『好ちゃん』というお店が評判が良いようなので、それを信じて行ってみることにしました。 d801002f.jpg    ぷりぷりレバー刺し¥680。塩ホルモンが売りのこのお店、焼肉屋・ホルモン焼き屋さんのように排気ダクトがニョキニョキと店内を張り巡らせてあります。ということで、筆者が通常レバ刺しを食べるお店よりは値段が高めに感じます。スライスされたレバー片が6・7切れ、何も指定しないと塩が振掛けられ胡麻油を垂らして、ニンニクのすりおろしを添えて供されました。万能ネギと白胡麻があしらわれています。この日は木曜日でしたが、そのせいなのかそれほど『ぷりぷり』とは感じませんでしたが、嫌な臭みは全くなし。むしろ甘みを感じます。
他のメニューでも一人で訪れるよりも複数でシェアした方が注文しやすいお値段で、全体的にはグループ向けのお店に感じました。結構人気店のようですから予約はして行った方が良さそうです。
■好ちゃん(よしちゃん)
■住所:東京都千代田区内神田1-11-10 B1F
■Tel.:03-5280-6188
■営業時間:17:00~23:30
■定休日:日曜・祝日
【地図はこちらをクリックして下さい】     

拍手[0回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 先日、バスに乗っていたら後からやって来た、ギャル系の二人連れが『この間あそこの焼肉屋でレバ刺しを食べたんだけど、チョー美味くて・・・』という話を直ぐ傍でし始めて、詳しく聞いてみたい気にも駆られましたが、グッと堪えました。ヘンな人と思われても癪に障るので。それでも、レバ刺しが好きだという話を身近に聞いて、嬉しくなりました。
最近手薄になっていた錦糸町の街で、新規オープンのお店をチェックすることもなく、数ヶ月が過ぎていましたがたまたまウェブで情報をチェックしている時に見つけたお店。レビューを見ているとこれがなかなかの高評価。魚料理に惹かれる記述がありながらも、レバ刺しが置いてあるというのも面白くて早速行ってみることにしました。26fb1bc1.jpg         
レバ刺し¥400。比較的大き目の、厚みもあるレバー片が9切れほど。数というよりもひとつの塊を切り分けているかのようですが、はっきりは判りません。今ではすっかり仲良くなったので今度聞いてみましょう。
魚がメインの居酒屋の割にこうしたモツ系の刺身も新鮮で楽しめるというのはありがたいことです。決して広くはないし混んでいると入るのは至難の技ですが、今後とも期待できるお店です。筆者のパターンですと、酎ハイ4杯にお通しと二品ぐらいで¥2,500程度というのが多いです。
■七伍屋
■住所:東京都墨田区錦糸4-12-8
■TEL.:03-6751-8758
■営業時間:16:30~24:00
■定休日:日曜日+不定期で土曜日も休みあり
【地図はこちらをクリックして下さい】  

拍手[8回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 連日しぶとく暑さの続く毎日ですが、それでも少し前から早朝は少し涼しくなってきておりますね(嬉)。それにしても雨が降らないので主婦の方々は洗濯物が乾いてよろしいのでしょうけれど、野菜には水不足で困ったことになりそうな予感が。秋以降の野菜の高騰が目に見えるようです。
墨田区と葛飾区を隔てる荒川の南側、八広(京成線)と鐘ヶ淵(東武線)を結ぶ東京都道449号は、その筋の方々には酎ハイ街道と呼ばれていると聞いた事があります。隅田川の花火大会の終わった翌日、ブラブラと出掛けてみました。いくつかのブログの記事などで読んだお店も散見していましたが、水戸街道(国道6号線)から鐘ヶ淵の駅までとりあえずひと通り流して見ると、横道の方に良さそうな雰囲気のお店が見えました。看板にも『ホッピー レモンハイ 牛太郎』とありなかなかの古株の様子。早速入って見ました。
aad36bf1.jpg レバ刺し¥270。少し前で記憶が少し曖昧な部分もあるけれどこれぐらいだったと思います。食べログなどでも情報が少ないお店なのでもし間違っていれば、お教え頂ければ幸いです。
日曜日だったのでレバ刺しがないかと思っていたのですが、注文すると迷うことなく出されてきたのがこちら。これまでで初めての体験、箸ではなく串が一本添えられています。屋台とか立ち飲み屋ではなく、こうしたもつ焼き屋さんでは初めての事で、一瞬言葉を失いました。中央部のニンニクもすりおろしのものを、少量皿に載せ、醤油を掛けてグルグルと混ぜ供された、そのままを撮影したものです。これだったらニンニクをそのまま添えて出されている方が好ましいかなとも思いました。
値段からすると充分満足の行くものですが、こちらのお店全体的に値段はお安め、酎ハイも¥300程度でした。常連らしいお客さんと、マスターが大声で話しをしていましたが、しっぽり静かに、という感じではなかった雰囲気にTPOで使い分けの必要なお店だと感じました。
■牛太郎
■住所:東京都墨田区墨田4-13-2
■TEL.:03-3612-1549
*定休日、営業時間は不明ですが訪問時は日曜日の夕方でした。
【地図はこちらをクリックして下さい】
 

拍手[1回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 筆者にとって無駄に長い夏休みも終わりましたが、暑さはまだまだ続いており、暫らくはこの暑さが続くと言うことで、夏の暑さに弱い筆者にとって受難の時期がまだ暫らく続くと言うことです。イコールこの暑さではレバ刺しも食中毒対策で取り扱いを控えるお店も多くありそうです。
過日、先月のこと。以前も訪れている北千住の焼き鳥屋さんでも筆頭候補の石井さんを訪れる機会に恵まれました。何度行ってもこのお店の混み具合は把握できず、入れるかなと思いつつ、満席だったり、無理かと思うと意外と空いていたりと扉を開いてみるまで全く判りません。

5ea56c13.jpg
  レバ刺し¥500。いつもながらタップリのボリューム。ひとつの基準があってその塊をスライスするのか、皿の面積を埋めようとして広げているのか、いつも謎ですが一人で食べるにはかなりの量を楽しめます。今回は二人で分けましたがそれでも充分に楽しめますから、このお値段も充分に納得なのです。
白胡麻をあしらい、ショウガかニンニクは選択式。これが業務用ではなくすりおろしなら最強でしょうね。元々肉屋さんだったらしいこちらのお店の肉質・鮮度は抜群です。やはり良いです、このお店。入れないことを覚悟で行って見るといつかは入れるかも。また日本酒や焼酎の品揃えも豊富で量も多いのでそちらも楽しめます。
■焼き鳥 石井
■住所:東京都足立区千住2-65
■電話:03-3882-6858
■営業時間:16:00~23:00
■定休日:日曜祭日
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[6回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

  梅雨明け以来の連日の暑い日々が続いていましたが、先週後半の雨の日があったお陰でいくらか暑さがひと段落したような今日の暑さですね@東京。ただ大気は不安定で、午前中国道一号線で大田区の辺りから横浜へと移動したのですが、途中川崎から鶴見の間で雨に降らたのに、実際横浜に着いたら晴れていました(謎)。
先日のおゝの屋さんの後に歌舞伎町・区役所方面に移動した次のお店。この日はレバ刺し2連チャンです。まっちゃんという居酒屋さんで、ここの売りは九州料理が頂けること。九州に縁のある同行者でしたので、かなり馴染みの模様。筆者も九州は旅をしたことが何度かあるので、無論異存などありません。
ad2cf4f4.jpg
レバ刺し¥500。おゝの屋さんのレバ刺しに較べると字面的には値段的にはやや高いように感じるかもしれませんが、おゝの屋さんの方(¥250)がむしろ安すぎるぐらいで、こちらのまっちゃんの方が新宿のこの辺りでは普通だと思います。
丁寧な盛り付けで、キレイに並べられたレバーはスライスのものが9片ほど。ニンニクとショウガが添えられ、胡麻油もタップリ。白胡麻もあしらわれていて、最近のこうした小奇麗な飲み屋さんでは標準的なプレゼンテーション。
  内容的にも新鮮さは問題なし。一日に二回目のレバ刺しだけれど、こんなことは過去に何度もあることですし、二人でシェアしているので、全然これぐらいでも残すようなことはありません
  九州料理ということで、宮崎のチキン南蛮や、大分の鳥天、博多の一口餃子など九州各地の料理も楽しめます。
■九州のうまかもん 新宿のまっちゃん
■住所:東京都新宿区歌舞伎町1-6-1 シロービル1F
■TEL.:03-3200-0370
■営業時間:17:00~24:00 土・日・祝前日~5:00 日曜営業
■年中無休 (年始・お盆のみ休業予定)
【地図はこちらをクリックして下さい】   

拍手[7回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME