忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 早いもので、年が明けてから既に20日以上が経っています。更新のペースも上がらないのは正月休みボケを解消したかと思ったら、今度は風邪気味なので思うようにペースが掴めないのです。すっかり言い訳モードですね、健康な身体に健全な魂が宿るというものです。
 さて、年明けから10日ほどで、再びの3連休。家に居てももったいないほどの天気なので、富岡八幡宮にでも行こうと門前仲町へと参りました。そろそろ夕刻、という時刻でしたからどこか良いお店でも、と歩きまわりましたが、生憎の日曜日。古くからのお店を含めて良さそうなお店はやっていません。つと、永代通りを隅田川方面に歩いていると目についたのがこちらのお店。以前あまり良い思いをしていないので苦手な日本再生酒場が門前仲町にもあるのですね。歩きまわって喉が乾いていたこともあり、ホッピーでも飲もうと入りました。ところが残念、こちらのお店はホッピーが置いていないのですよ(涙)。んじゃァ、ってことでチューハイを頼むも、これがまたえらく高い¥430だったか。他の飲み物を見ても立ち飲みにしてはエライ価格設定。うーん、なんだかなァ。 edbdc234.jpg
 微妙な気持ちになりながらも、レバ刺しがあるか尋ねると『ればテキ』になるというので、『レバ刺し』を標榜している身としては、代案でモツの刺身の方を注文しました。確か¥650だったと記憶しています。 しばらくして届いたのは味付けがなされているモツの刺身3点盛り。左から白センマイ、ガツ、ハツの三種。全て塩味に胡麻油などで風味を付けてあります。鮮度は問題なし、でも個人的にはこの味付けが少々くどく、やや味濃いめなので、素直にカットしただけで、こちらが小皿に醤油を入れて味を調整できる、普通のスタイルが好都合に思いました。
 それにしても、この系列のお店、ノスタルジックな雰囲気を出そう、レトロ感を出そうと雰囲気作りに腐心されているようですが、どうもこの雰囲気は馴染めません。本物のレトロでないと落ち着かないのでした。
もつ刺し自体は高評価なのですがトータルの、お店としてあまり今回は評価できないのでお店データはこちらからチェックしてみて下さい。同じように感じているレビュアーも居て興味深いです。 食べログ 日本再生酒場 門前仲町店  

拍手[0回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 何とか今年最後の更新が出来るようです。20日を過ぎてから一日一日が滝から落ちる水のように早く過ぎていきます。今週も始まりましたが、今年も残すところあと5日。慌ただしさにかまけて、あっという間に大晦日を迎えそうです。
過去に何回も取り上げている錦糸町のモツ焼き屋さんで、先日、周年を迎えて 3年目に突入したようです。マスターとは同郷(町は違うけれど)ということもあり、親しくさせて頂いています。先日訪れた時まで知らなかったのですが、お会計時にスタンプカードに1つ押してくれるというのがあり、カード一杯になったら、というサービスは割と一般的なものとして広まっているものですが、改めて尋ねてみるとこちらのお店の場合チョッと事情が違うらしいです。
一列(ハンコ4個)ごとに何かしらのサービス内容が記載されています。一例を挙げると、最初の4ポイントはおつまみ一品、8ポイントは1ドリンク、12ポイントで煮込み一品、などです。その個数が6列24個を数えるところに、もつ刺し5点盛りが記されています。てっきりこれまでの物を積み上げて24ポイント貯めないとサービスされないと思ったら、その列が埋まるたびにサービスが成されるということで、それならばとオーダーしました。
ddfe7ab9.jpg もつ刺し5点盛り¥800のことろ、そういう事情で無料サービス。左上からハツ、ホウデン、タン、下段左からセンマイ、コブクロ。この中ではあまりホウデンは嬉しくない代物(やや癖がある)ですが、こちらのもつ刺しは薬味が充実しているので酢味噌でごまかせました。たっぷりの胡麻油、と別に小皿がありそこに醤油を入れることも出来、ショウガ、ニンニクに酢味噌とここまで揃っているのは珍しいかも。  毎朝市場に仕入れに行くと書かれているぐらいもつには並々ならぬコダワリを持っているようです。オープン当時の初々しさはなくなりましたが、っ錦糸町界隈にはまだ続々とこうしたもつ焼屋さんはオープンしているし、その中に埋没しないで欲しいお店です。
■ もつ焼き横丁 ニシキ屋
■住所: 墨田区江東橋2-17-1
■電話: 03-6659-3201
■営業時間: 17:00~24:00、(日)(祝)16:00~24:00(LO各30分前)※変更の場合あり
■休日 なし
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[2回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 何だかんだと更新が進まないうちに九月も前半が終わろうとしています。それでもだいぶ涼しくなってきているので、レバ刺し愛好家にとっては嬉しいシーズン。火を通しているとはいえ、ペッパーランチのような不手際でO157の食中毒にかかるというお店もあるようですが、レバ刺しを出すお店にはそのような事がないことを切に願う次第です。消費者のこちら側としては見えないところでは、お店の清潔な調理を信用するしかないわけですからね。
50443a5d.jpg  またしても錦糸町の『馬力』さんです。もっとも南口(場外馬券場のある側)と北口のに店舗があるわけで、ワタクシは専ら北口ばかり行ってしまいます。一時期仲の良くさせてもらっている店員のKさんが南口店に行ってしまっていたので、何度か訪れていましたが、広い南口店に較べて、北口店は狭いもののシックリ来るんですよね。
  いつ行っても生ホルモン刺¥580を注文するのですっかり顔馴染みになったKさんは『生ホル?』と促してくれます。我ながらワンパターンだと思いつつ、この日もついつい・・・。レバ刺しからガツ、タン、ハツ、コブクロと盛り沢山の内容でつまみとして最高です。 ■馬力(北口店)
■住所:東京都墨田区錦糸3-6-12山善ビル1F 
■電話番号:03-5608-9029 
■営業時間:11:30~24:00 
■定休日 無休

拍手[1回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 以前取り上げたお店ですが、その時の印象が良かったので間を開けずに比較的続けて訪問したお店。
JR新小岩駅南口のバスターミナルを越えて、向こう側に見える『ルミエール商店街』はアーケードがあり、地方のシャッター通りのさびれ具合をよそに、新小岩の住民の台所的な役割を果たしております。そのアーケードが切れたところにある本格的かつ伝統的な居酒屋さんです。
3cdf0c58.jpg もつ四種盛り¥450。四種の内訳はレバー、タン、ガツ、ハツ。それぞれ4・5切れを盛り合わせていてネギのトッピング。これで¥450なら大変お得ではないでしょうか?
特製のニンニクダレを小皿に入れて出してくれます。この日は金曜日だったからなのか、モツの鮮度は抜群!非常に満足度の高い一品でした。他に煮込みも頂いて見ましたが、こちらは大鍋でグツグツと煮込まれていてそそられたのでしたけれども、やや薄味でもう少し濃い方が好みだったかも。
■伍市(ごいち)
■住所:東京都葛飾区新小岩1-56-2
■TEL: 03-3652-4535
■定休:基本的に水曜日。営業している場合もあるので要確認 

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 先月はドタバタしていて記事数が少なかったので、今月はもう少し力を入れて10件ほど記事をアップする事を目標にしていたのですが、 今日で今月も終わり。っていうか年が明けてからもうひと月が終わろうとしているのですね・・・。
先日の続き。久し振りに訪れた『伍市』さんがやはりというか実に良い雰囲気で楽しめたので、調子に乗って次のお店は、と探すと以前会社の同僚(数ヶ月だけ先輩)で新小岩に詳しい人に聞くとココはダメとダメ出しされたお店ですがどうにも気になるので入ってみることにしました。それがコチラのお店、大衆酒蔵『はむら』さん。
ガラリと扉を開けると右にカウンターが真っ直ぐに伸び、左側がテーブル席。カウンターに席を決めメニューを見るとありました、レバ刺しを含めてモツの刺身が。
a13d700b.jpg もつ刺盛り合わせ(もつ盛り)¥700。牛レバ、タン、ハツ、コブクロ、ガツの五点盛り。先程の『伍市』さんにも勝るとも劣らない鮮度の良いモツの刺身。これで¥700なら本当にお得です。ネギやニンニク、ショウガとフルラインナップで魅惑的に誘っています。量的にも二軒目ということもあってかかなりのボリュームに感じ、二人でも充分な量かもしれません(食べ盛りの学生には当然一人分ですが)。
メニューを見ているとどうも韓国料理系のメニューが散見されるので、スタッフを見るとそう見えなくもないし、もしかすると韓国系の方なのかもしれませんネ。二軒目立ったので、ややお腹一杯、また今度一軒目で来て見ましょう。
■大衆酒場 はむら
■住所: 東京都葛飾区新小岩1丁目41-3
■電話番号 03-3651-9351
■営業時間:月・火・水・日曜日:17:00~23:00
:金・土曜日:17:00~24:00
■定休日:木曜日


拍手[3回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME