忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 それにしてもAPEC真っ只中です。これまでこうした国際会議などはメディア上での関わりでしかなかったのですけれども、今回は横浜開催ということで仕事関係で車を使うことが大前提なので、横羽線・湾岸線の高速道路で交通規制されたりすると、かなり困るのですけれど。早く無事に終わることを切に願います。 
先日の雨降りの夜のこと、神田の街をブラついていると呼び込みのバイトのオネーちゃんの元気な声に誘われて店先のメニューを見ながらレバ刺しはあるの?と尋ねるとあるとのことで、『渡りに船』とばかりに入ってみました。それにしても神田は居酒屋・もつ焼屋激戦区ですから他店との差別化はかなりの困難を極めます。ない業種はない、というぐらいお店がひしめいていますからね。
bf09122a.jpg 牛レバ刺し¥500。薄くスライスされた牛レバーが6切れほど、平らに整列されタップリの胡麻油が掛かっています。特徴的なのはネギ塩が上に載せられ、針ショウガが横に添えられています。
牛レバーもこれぐらいの値段であれば、場所のことも考えると非常にこなれていると思います。焼肉屋・韓国料理屋さんだと¥1,000近い値段が表示されているので敬遠してしまいます。一人でつまむには結構量が多過ぎたりするのも難点です。そういった点では居酒屋・もつ焼き屋さんは気軽に食べられるので助かります。
他にもホッピーもキッチリ冷えているので意外になかなか高得点のお店でした。
・やきとり・やきとん各1本からOK、¥140~
・野菜串¥150
・牛もつ煮込み¥420
・ビール中生¥420・中瓶¥480
・ホッピー¥400、中¥250
■やきとり将(たすく)
■住所:東京都千代田区内神田3-22-11
■Tel.:03-3253-2033
■営業時間:[月~金]
15:00~翌4:00(L.O.3:00)
[土・日・祝]
13:00~翌2:00(L.O.1:00)

夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、始発まで営業、日曜営業
*食べログの情報より。お店に確認した情報ではありません
■定休:年中無休
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[4回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

  過去の記事で取り上げた、淡路町のとん吉さん。その後しばらくして行ってみたらお店がなくなっていました。最近のことですけれども、また確認しに行きましたら、ショットバーか何かのお店に変わっていました。とん吉さんはお店を辞めてしまったのか、どちらかに移転されたのかは不明ですが一応ご紹介したお店がなくなりましたので皆様に御報告申し上げます。 2b25bf0f.jpg 写真のレバ刺しはいつもの本所吾妻橋のとん平さんのレバ刺し。以前の記事で何回も取り上げているので今回は特に記事にはしませんが、改めてメニューを見てもレバ刺しの値段については記述がありませんでした。ただトータルからそれぞれの(つまみやホッピー)の値段を差し引くとおそらくは¥480だと思います。相変わらずの美味しさでございました。 

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 ついこの間までは夏の名残が残る秋かと思いきや、いきなりの気温の降下に身体がまだ馴染みません。皆様に於かれましては風邪などお召しになりませんように。
  ところで当ブログ、チョコッと弄ってフォントのサイズを変更いたしました。まだまだ使い方が判らずに悪戦苦闘中ですが若干見やすくなったかと。
   先日コメントを頂いている『コリコリレバ刺しチャンさん』(更に"さん"は付けなくてよろしいですよね)からの中で、加賀屋のレバ刺しには豚レバーと牛レバーを置いているお店の違いがあるとのことで、秋葉原方面に出掛けた時にそのことを思い出し、早速入って見ることにしました。と、ここで申し上げておくのですが、おおよそ加賀屋さんというのは一つの駅で一店舗を出すのが通例で、もう一店舗出す場合などはニュー加賀屋という名前で出すか、加賀廣などのややひねりを加えた名前にすることになっていると聞いたことがあります。しかしながら、ここ御徒町では、線路をはさんで宝石街側の今回訪れたお店(御徒町駅前店)と、もう一つ松坂屋の近くにももう一店舗存在します。そちらは上野広小路店といい、長年こちらの方を認識していたのですが、駅前店はつい最近発見しましたので、そちらに入ってみることにします。
 e29279a3.jpg
   牛レバ刺し¥600。やはり牛レバーは豚レバーよりもややお値段は張ります。それでも焼肉屋さんや韓国料理店で食べることを考えれば充分値段はこなれていますが。
濃い深紅色のポッテリしたぶつ切りが6・7ヶ、刺身用の大根のツマの上に緑の彩りをレモンと共に添えられて、ニンニクとショウガが薬味で付いてきました。胡麻油は要りますか?と尋ねられますが、特に必要でもないので断りました。言えば出してくれるようなので、忘れているようなら言った方がよろしいでしょう。
   カウンターに掛けましたが、こちらのお店でもスタッフの動きはとても好ましく、ストレスなく楽しむことが出来ました。大鍋で煮えている煮込みも大変魅力的。事実次から次へと注文を捌いておられました。
■加賀屋 御徒町駅前店
■住所:東京都台東区上野5-26-5B1F
■TEL:03-3832-9709
■営業時間:平日PM5:00~PM12:00 日曜祭日PM4:00~PM11:00
■年中無休 *年末年始は変則で休みがありそうです
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[6回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 1  △ 

 日が経つのは早く、もう今月も半ばに差し掛かりました。『今年も残すところ』という常套句が、そろそろチラつき始める頃合となりましたね。とはいうものの今年の夏の余波を受けてか、10月だというのに昨日現在で夏日が6日もあるとのこと。また報道では夏が暑い年は、冬場は冷えるとか。
本日はまだ夏の頃のネタ。暑い最中だったのと、同行者がレバ刺し好きなのか判らずに、遠慮してガツ刺しにしてしまいました 。
505ee7c9.jpg ガツ刺し¥390。ちなみにレバ刺しも同価格。厚めにスライスされたガツは歯応えもシコシコしていて、臭みもなく大変結構。ニンニクとショウガおろしがデフォルトで添えられていました。どちらを使うかは好みによるでしょう。
ところでこちらのお店、店員さんは『加賀廣』のTシャツを着ていて、尋ねると直ぐ近くの加賀屋・北千住店で修行された方だとか。道理でどことなく似通っているのですね。南越谷の千野屋さんも同系列のお店で、全ては北千住店が核になっているようです。 
他にも基本的には加賀屋さんをベースにしたもつ焼き屋さんを思い浮べて頂ければ頷ける内容となっています。この日が偶々なのかもしれませんけれども、女性でも入りやすそうな、キレイな店内でした。
■まるかや
■住所:東京都足立区千住2-62
■Tel.:03-3882-9181
■営業時間;17:00~23:00(L.O 22:30) 日曜・祝日は16:00~22:00 売り切れ早仕舞いあり
■定休日:月曜日 
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[1回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 1  △ 

 長く暑い夏から一転して気温が低くなり、秋真っ只中。体調を崩されている方も多いかと思います。過ごしやすい天気の日もあれば、かなり気温が乱高下でなかなか思い通りに行かないものですね。暑いと言っちゃ文句を言い、寒いとなればまた文句を言う、人間とは勝手な生物ではございますが。
前回の塩ホルモンの『好ちゃん』を出た後、どうも物足りなさというかシックリ感が感じられずに、お次のお店と思いついたのが、こちらのお店。神田西口通りにある人気のお店ですね。加賀屋さんの系列のお店は神田にこちらのお店と、加賀廣(南口)という二つのお店 があります。加賀廣さんは加賀屋さんで修行した方が暖簾分けではなく、独立して開業しているようですがメニューやシステムにも共通のものがあり、ほぼ加賀屋さんと見なしても良さそうです。
c9f4355f.jpg レバ刺し¥450。薄くスライスされた豚のレバー片は7枚。良心的な加賀屋さんとしては標準的な量といえるでしょう。噛めばしっかり弾力が感じられ一人でも充分楽しめる量。合わせるホッピーも進むと言うものです。特に指定しないでオーダーすると薬味はニンニクが添えられてきていました。またここでのレバ刺しは刺身というくくりなのか、大根のツマを下に敷いて、大葉という刺身の標準的なあしらいで届きます。
お店はいわゆる大衆居酒屋で、サラリーマンのオアシス。おじさん達ばかりで女性の姿もほんの少しチラホラですが、ホールの女将さん(?)の客あしらい、背の高いサーファーチックなお兄さんのホール回しはなかなか侮れないものがあります。今回とても気持ち良い時間を過ごせたことを特記しておきます。
■加賀屋神田店
■住所:東京都千代田区内神田2-9-9 2階
■Tel.:03-3254-9877
■営業時間:17:00~23:00(月~土)
■定休日:日曜・祝日
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[2回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 1  △ 
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME