忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 何とか今年最後の更新が出来るようです。20日を過ぎてから一日一日が滝から落ちる水のように早く過ぎていきます。今週も始まりましたが、今年も残すところあと5日。慌ただしさにかまけて、あっという間に大晦日を迎えそうです。
過去に何回も取り上げている錦糸町のモツ焼き屋さんで、先日、周年を迎えて 3年目に突入したようです。マスターとは同郷(町は違うけれど)ということもあり、親しくさせて頂いています。先日訪れた時まで知らなかったのですが、お会計時にスタンプカードに1つ押してくれるというのがあり、カード一杯になったら、というサービスは割と一般的なものとして広まっているものですが、改めて尋ねてみるとこちらのお店の場合チョッと事情が違うらしいです。
一列(ハンコ4個)ごとに何かしらのサービス内容が記載されています。一例を挙げると、最初の4ポイントはおつまみ一品、8ポイントは1ドリンク、12ポイントで煮込み一品、などです。その個数が6列24個を数えるところに、もつ刺し5点盛りが記されています。てっきりこれまでの物を積み上げて24ポイント貯めないとサービスされないと思ったら、その列が埋まるたびにサービスが成されるということで、それならばとオーダーしました。
ddfe7ab9.jpg もつ刺し5点盛り¥800のことろ、そういう事情で無料サービス。左上からハツ、ホウデン、タン、下段左からセンマイ、コブクロ。この中ではあまりホウデンは嬉しくない代物(やや癖がある)ですが、こちらのもつ刺しは薬味が充実しているので酢味噌でごまかせました。たっぷりの胡麻油、と別に小皿がありそこに醤油を入れることも出来、ショウガ、ニンニクに酢味噌とここまで揃っているのは珍しいかも。  毎朝市場に仕入れに行くと書かれているぐらいもつには並々ならぬコダワリを持っているようです。オープン当時の初々しさはなくなりましたが、っ錦糸町界隈にはまだ続々とこうしたもつ焼屋さんはオープンしているし、その中に埋没しないで欲しいお店です。
■ もつ焼き横丁 ニシキ屋
■住所: 墨田区江東橋2-17-1
■電話: 03-6659-3201
■営業時間: 17:00~24:00、(日)(祝)16:00~24:00(LO各30分前)※変更の場合あり
■休日 なし
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[2回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 そろそろ、今年も押し詰まって参りました。残すところあと半月と思いつつ、週末を迎えて休みが明けたら、20日過ぎ、クリスマス直前と言うもうすっかりカウントダウンに近いものがあります。今回を含めまして、もう一回ぐらい更新したいものですが、その頃になるとバタバタして飲みに明け暮れている可能性が非常に高いのが例年のこと。
前回の日暮里の豊田屋さんを出て、駅前の角打ちで一杯飲んだ後、ブラブラと西日暮里方面に歩いていて入ったモツ焼き屋さん。喜多八さんと言いますが、『喜』の文字は実際には七が三つで表記されております。
e943bee8.jpg またしてもレバ刺しを発見したので注文しました。レバ刺し¥400。これは運ばれてくるまでそれほど待たされずに結構早かったです。何よりもその量にすっかりテンションが上がります。8切れほどあるので、一人でタップリ楽しめ、二人でもつまむには丁度良いぐらいです。もちろん、レバ刺し好き同士なら一人一皿が鉄則でしょう。それぐらいこちらのお店のレバ刺しはリーズナブル。鮮度も文句なし、プルプルしたレバーは恐らく豚でしょうが、ほど良い厚みにスライスされたレバーは噛み締めると甘みが口の中に広がります。他のメニューも手堅いところを押さえた、モツ焼き屋さんらしいメニューのラインナップで値段もお手頃、非常に好感が持てるお店でした。駅の改札口から2分程度なので、アクセスも帰りも便利なお店です。
■喜多八 西日暮里支店
■住所:東京都荒川区西日暮里5-21-4
■TEL.:03-3801-5268
■営業時間&定休日は不明です。
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 1  △ 

 12月というのに比較的暖かい日が続いていたと思いきや、いきなりグンと気温が下がって今日は冷えます。前日と5度以上気温が変わると、暑い時にしろ、寒いのにしろ身体がビックリしてしまいます。皆様に於かれましては、風邪など召されませぬようにお気をつけ下さい。
   日暮里は初めて訪れる街。ということでどこか良さそうなお店は無いかなと検索して引っ掛かったのがこちらの豊田屋さん。豊田屋さんというと、 過去には平井の同名店池袋にも同名店を訪れています。それらが暖簾分けなどの関連性があるかは不明なのですが、こちら日暮里の豊田屋さんは『おさかな料理』と銘打ち魚料理がメインのお店。ということで、期待もせずにメニューを眺めているとレバ刺しの文字を発見したので、すかさず注文してみました。
0fc02b06.jpg 牛レバ刺し¥520。プックリした切り身が4つほど角皿に乗ってきました。うーんチョッと微妙な分量です。牛レバーは豚のレバーに比較するとややお値段が張るので、これぐらいの価格設定は仕方ないとの認識を持っていますが、もう1・2枚ないと満足した、とは言えないです、正直。同行者も呆気に取られていました。
   豚レバーとは異なる甘みを湛えた牛レバーはそれらしい味わいでしたが、食べたことによって却ってレバ刺しへの渇望が高まったのは自然な事かもしれません。
■豊田屋 (とよたや)
■住所:東京都荒川区東日暮里6-60-11
■TEL:03-3891-5457
■営業時間:16:30~24:00
■定休日:日曜日(祝日は未確認のため予め電話なさることをおススメします)
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[2回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 いよいよ12月に突入し、今年も押し迫ってきました。今月に入ってから初めての更新ですが、今月もなかなかよいお店に出会えてラッキーです。
さて、前回予告したようにお誘いを受けてノコノコ出掛けて行って来ました、久し振りの城南地区。京急蒲田駅のすぐ近くです。
以前取り上げた北千住の『ごっつり』さんで知り合ったお店の方から、先日メールが来ました。本当に久し振りでしたので、はて?と思いメールを読んで見ると、その『ごっつり』の初代店長さんと、その大元の情熱ホルモンの初代店長さんが共同で新たに京急蒲田の地にお店を出したとか。そうは言われても朧気ながらの記憶に臆しながらも、とりあえずレバ刺しはもちろんあるとのことでしたから、行って見ることにしました。
a3a7f89c.jpg   レバ刺し¥450。それほど薄くもなくほど良い厚さにスライスされた、恐らくは豚のレバーが8・9片ほど。ネギが添えられており、ショウガ・ニンニク・胡麻油はチョイスできるのですが、これらを組み合わせてミックスというのも可能というのは客側として嬉しいです。
鮮度は全く問題なし、量的には一人で頂くには充分な量です。駅の改札から出てすぐに目の付くところに案内の看板が出ているし、歩いて1分ほどのところというアクセスも良好です。また自家製のさつま揚げも揚げ立てが楽しめました。この手のお店にしては日本酒の充実度(レア度)も見逃せません。
■飲み処 にこまる
■住所:東京都大田区蒲田4-12-9
■TEL:03-3738-1525
■営業時間:17:00~24:00(LO23:30)
■定休日は不定休なのであらかじめ電話で確認なさることをおススメします。
【地図はこちらをクリックして下さい】(住居表示からすると地図の印のところですが、実際は左側のお店になります)

拍手[2回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 昨日はお知り合いの方からお誘いがあり蒲田方面に出掛けて来ました。そちらでもレバ刺しは頂いたのですけれども、まだ手持ちのネタがあるので、それは次回にアップします。お誘い頂いたYさん、お店の方々申し訳ないです。 
さて今回は久し振りの城南地区である大井町。大井町というのは飲み屋さんがワンサカある中でも、立ち飲みの有名人気店と言うと『肉のまえかわ』というお店があります。『肉の』と付くぐらいで、元々は精肉店だったそうで、その設備がそのまま店内に残されている一風変わった設(しつら)えが特徴。かなり前から知っていたのですけれど、今回初めて訪れました。
20101030161251.jpg 牛レバ刺し¥430。ニンニクかショウガは選べますが、この時はショウガでお願いしました。たっぷりの醤油を掛けられて出されますが、これは量的に調整できないのでむしろ自分で掛けたいところです。
精肉店の店舗内での立ち飲みということで、なのかユニークなのは箸ではなく竹串を付けて供されること。牛レバーということを考えると充分にリーズナブルな価格設定だと思います。無論、鮮度は折り紙つきであることは申し上げるまでもないです。まあそこら辺は最近では自ら市場に出向いて、朝締めのモツを仕入れてくるお店も増えてきているので、何ともいえませんが、専門ならではの肉の目利きには一日の長があることは間違いなさそうです。他にも鳥さしが人気を二分する人気商品のようです。
肉が売りなのでお酒はお客が自分で冷蔵庫から取り出し、会計をする缶ビール・発泡酒類の他にカウンターで店員さんに注文するとウーロンハイなどの割り物もサッと作って出してくれます。
■肉のまえかわ
■住所:東京都品川区東大井5-2-9
■Tel:03-3471-2377
■営業時間:16:30~20:30(おおよその目安です) 
■定休日:不定期・月1回 土・日か日・月・火の連休 ということで日曜営業もあり
【地図はこちらをクリックして下さい】

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 1  △ 
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME