忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

  嵐の土曜日の翌日、昨日の日曜日といい本日も気持ちの良い晴天が続いています。皆様はいかがお過ごしでしょうか?こうも天気が良いと花粉症の方は花粉も飛びまくりで辛い思いをされているようで、お気の毒です。ワタクシはというと生来のアレルギー体質でスギ花粉ではないと思いますが何やら花がムズムズして仕方がありません。
少し前のこと。亀戸をブラついていると、見つけたお店でTというお店がありました。以前取り上げた味一番さんの近くにあり、晩酌セットのようなお得なセットのサービスがありドリンク二杯、と料理二品で¥950と破格の内容。いつ行っても混んでいる訳でもなくそれほど不味くもないし気に入ってたんですけど、先日行ってみたら潰れていました。サービスも良いけどお客さんが入らないと売上も伸びない難しさがありますなぁ。残念。
仕方なく移動してそこからさほど遠くはない裏通りに見つけたお店。『喜九蔵』さんというお店は、いかにも流行の店の感じ食指は動かないのですけれども、ネタが少なくなってきたので『レバ刺し』の文字を店頭のメニューに見付けて飛び込んだのです。
9f9b8936.jpg レバ刺し¥480。お店の雰囲気にあまり期待せずに居たのですけれども、仕入れは確かなようでピンとエッジが立つレバーは新鮮そのもの。甘みがあって実に良い感じです。白胡麻と浅葱を散らしてあり彩りも綺麗。プリプリのレバーとチューハイがベストマッチ。
先入観を持たずに素直に楽しむのが吉ですね、居酒屋は(反省)。
■ 喜九蔵 (きくぞう)
■住所:東京都江東区亀戸2-27-15 
■TEL:03-5609-3323 
■営業時間:17:00~24:00
■定休日:無休

拍手[0回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 忙しさにかまけてついつい更新をしそびれてしまいました。ということもあるしそろそろ手持ちのネタがなくなりつつあり、最近はあまり新しいお店でレバ刺しに出会うことが少ないので、同じ店のネタも、って気が引けるので更新していなかったのは事実なのです。チョッと言い訳モードですが。
すぐ近くにモツ焼きで超有名店の『まるい』さんもあるし、大黒屋さんもあるという業平という地域は優良店がひしめくある意味モツの激戦区に店を構える『松竹』さん。『しょうちく』とお読みすれば宜しいのでしょうか?そこら辺は不明です。グルリと東側と南側を囲むドアのいずれからも入ることが出来る店内は余り広いとはいえ言えませんが、夕方ともなると常連さんで一杯、うかうかしていると入れなくなることもしばしば。
20cdad54.jpg レバ刺し¥480。切り置きのレバーで密閉容器から角皿に移されて出て来ます。ネギと薬味はニンニク・ショウガのどちらかを選ぶ事になりますがこの日の気分はニンニク。写真でもお分かり頂けるかと思いますが、エッジの立つレバーは新鮮プリプリ(ちなみにこの日は木曜日でしたが・・・)。甘みもあり女性二人の親娘でやっていらっしゃるようですが、近くにあればついつい通ってしまいそうなお店です。
いまだにお母様の方が炭火で丁寧にモツを焼かれています。
■松竹
■住所: 東京都 墨田区業平2-9-10
■電話:03-3623-6913
■定休日:日曜日・祝日
■営業時間
[平日]17:00 - 22:00(LO 21:00)
[土曜日]17:00 - 22:00(LO 21:00)
[日曜・祝日] - 
(もつ焼きのネタが完売したら早じまいあり。)

拍手[1回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 当ブログを始めて通じてお知り合いになったHeatbeatさんと実際にお会いすることとなりました。お互い初対面で連絡先が分からないということでお互いに連絡を取り合うのが双方のブログ上のみ。そして約束した日の前々日に階段から滑落して足を捻ってしまい、歩くことすら儘ならないのですが、足を引き摺りながらも電車に乗って出掛けることになりました(呆)。
7db89a21.jpg レバ刺し¥300。以前にも取り上げているので詳細は被るので割愛。この日は土曜日ながら新鮮な豚のレバーは相変わらずの美味さと品質。独特のタレ(醤油と酢。ポン酢ではない)のお陰でサッパリいけますが元々臭みはないようです。
それぞれレバ刺しを一皿ずつ取って、つまみながらボール(焼酎ハイボール)をグイグイやりますが、Heartbeatさんのお強いこと!体格も良いのですが(ワタクシも結構大柄なのですが、同じぐらいとお見受けしました)、その後もチューハイ類を飲んだ後、芋焼酎のロックを召し上がっていました。
同じような趣味で世代的にもほぼ一緒。話もつらつらと切れ目がありませんが、今回は少し早めに切り上げて次回を期して新宿で別れたのでした。
店名 :大竹 (おおたけ)
TEL: 03-3658-2179 
住所:東京都江戸川区西小岩1-19-26 
営業時間:はっきりは判りませんが、15:20には赤提灯が点灯していました@当日。 
定休日:月曜日


 

拍手[1回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 先日、いつもコメントを寄せてくれるHeartbeatさんと初めてお会いして楽しいひと時を過ごすことが出来ました。初めてお会いするのに、共通項が幾つもありすんなり馴染むことが出来るのは良いものです。
今年初めてのレバ刺しはコチラ、新小岩はルミエール商店街のアーケードが切れるあたりにある『伍市』さんです。
89c8110c.jpg レバ刺し¥300。深めの小鉢にブツ切り状のレバーが5・6片。特製のニンニクダレ(おそらく醤油にすりおろしにんにくを漬け込んだだけ、濃い口)を掛けてくれて提供されます。ネギのトッピングが清々しい。プリプリのレバーは甘みもあり大変美味しいです。他にこの日は刺しモノはガツ、タン、ハツと揃っていて、それらが盛り合わせになった4種盛り¥450も大変魅力的なのですが今回は様子見でレバーのみ頼んでみました。でも今度は盛り合わせにしてみようっと^^。他に串ものも炭火で焼いてくれるし、季節柄カキフライも心惹かれました。魚系も充実していてとてもイイ居酒屋さんです。
■伍市(ごいち)
■住所:東京都葛飾区新小岩1-56-2
■TEL: 03-3652-4535
■定休:水曜日 

拍手[1回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 ようやく今年のネタに突入です。実際年末年始というのはレバ刺し愛好家にとっては最悪の時期、なかなか新鮮なレバーが流通していないので、我々も耐える食べることができないのです。1月3日にモツ焼き屋さんに行ったのが初飲みですが 、この時も冷凍保存の利くモツ類はありましたが、レバーだけは未入荷ということで提供されていなくて、やはりレバーは鮮度が命なのだなぁと、改めて実感。
114e575c.jpg これまで何度か取り上げている錦糸町はニシキ屋さんのレバ刺し¥550。ちなみに最初に食べた時の記事・写真はコチラ。調理人さんも替わったためか盛り付けも変わったように思えましたが、比較するとやはり違いましたね。以前の記事で量的にだいぶ変わった(減った)ように思ったのですが、比較してみるとさほどでもないかも知れません。朝挽きということで鮮度は全く問題なし、プリプリしていて良いです。薬味はショウガ・ニンニクが両方付いてきます。白胡麻をあしらい、胡麻油も小皿に入れて供されますが、この小皿は二口に分かれているので気分や好みで醤油に好みの薬味を入れて楽しむこともできます。大葉の向こうに見えるのはオニオンスライスです。
■ もつ焼き横丁 ニシキ屋
■住所: 墨田区江東橋2-17-1 
■電話: 03-6659-3201
■営業時間: 17:00~24:00、(日)(祝)16:00~24:00(LO各30分前)※変更の場合あり
■休日 なし
*休日なしですが、年始は5日からだったようでした。

拍手[1回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 2  △ 
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME