忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 ここのところ毎日、気温の変動が激しくどういった服装がふさわしいか判断に悩む今日この頃です。11月としては異常に暖かい日もあったり、平年並みであったり。皆様におかれては体調を崩されぬようにお気をつけ下さい。
合衆国の大統領が来日した先週の金曜日。都心部は警備の都合で警察が総動員されているので、下手に職質されてもうっとうしいのを避けて、都心を抜け出して北区の方へ出掛けていたのです。しかし二軒ほど回っているうちに、友人からメールで呼び出されて、合流することにしました。一軒目は大黒屋さんで軽く飲んで、近場のまるいへ行こうかと、ダメもとで立ち寄って見ると案の定行列が出来ておりました。元々期待はしていなかっただけに、すぐさま移動。流れ流れてやって来ました、本所の『わかば』さんです。綺麗に建て直して早一年でしょうか。暫らく振りの訪問。混み合ってはいたものの、席を確保出来ました。
cf734221.jpg
  レバ刺し¥400。羊羹のように長方形にぶつ切りにされたレバ刺しは独特のような気がします。10切れ程あるので3人でつまんでも充分な量。ネギが添えられ、胡麻油で頂きました。ここら辺はニンニク・しょうがもチョイスできるのでお好みで。他にも色々な刺身が(9種類!)あるので、次回以降連続してお届けしようかと思います。
居酒屋さんとしては、家族経営のオールマイティな居酒屋さんで、『もつ焼き』と名前の前に冠してあるので、もつ焼きは仕事に厳しい大将が納得いくものを出してくれます。
■ わかば
■住所: 東京都墨田区本所4-19-9
■電話:03-3623-1459 
■定休日:日曜日・祝日 
■営業時間:
[平日]17:00 - 23:00
[土曜日]17:00 - 23:00

 


大きな地図で見る

拍手[1回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 久し振りの記事のアップです。ここのところ余り記事をアップしていないにも拘らず、安定的にアクセスをして頂き、大変ありがたいことですm(_ _)m。こうなるとより更新頻度を上げなければ、と思うのですけれども夏の健康診断で引っ掛かってしまい、酒量を減らすこと、また別件で胃の薬を投薬されていたために飲酒を慎んでいたので、記事にするべきネタが余り集まらないというジレンマに陥っていたのです。
NEC_0114.JPG久し振りの訪問にもかかわらず、温かく迎えてくれるシュウさん。カウンターの焼き場の前に陣取りました。この日はあいにくカメラを持ち合わせていなかったので、携帯のカメラで代用、画質が悪くて申し訳ありません。相変わらずの繁盛ぶりに、居心地良く楽しめました。本当は飲んでいて、お腹が空いてしまったので二軒目のショットバーからラーメン屋さんへ行ったら、もう既に閉店時間で代案としてとん平さんに来たのですけれども、空腹を忘れさせてくれる、そんな満足感を与えてくれるお店。近くに来られたら是非に!
■  とん平 (とんぺい)
■住所:  東京都墨田区東駒形3-22-2
■TEL: 03-3625-0173
■営業時間 : 17:00~23:00
■定休日:  日曜日
*夜10時以降入店可
 
大きな地図で見る

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 暑い暑いと思いつつも、朝晩は涼しくなり秋の気配を見せる今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?本日からずうっと良かった 天気が下り坂だそうで、先程も昼前からやや雨が降り出し、午後もぐずついていて、買い物に行ってきたけど傘はなくてもいいぐらいの霧雨状態。
今年の夏はどうやら短かったようです。暑いのはからきしダメなので個人的には嬉しいのですが、天候の不順は農作物の作柄にも影響するし、現に野菜は高騰しているようです。夏物衣料は壊滅的ですし、日本経済に与える影響も大きいです。暗い話はこの位にしておきましょう。
10d8693f.jpg 当ブログでは何回目になるのか、錦糸町のニシキ屋さんです。五月の終わりごろに新メニューということで試作品のレバーを使った料理を試食させてもらっていたのですけれども、ようやくメニューにも正式に乗っかった炙りレバーのしょう油漬け¥380。 一旦外側をトーチか、焼き台で焼き固めた生食用のレバーをさっと氷水で締めてから水分を拭き取り、特製の醤油ダレに漬け込んで、という工程だと思われます。工程の確認は取っていないけどマスターに聞けば教えてくれるでしょう。結構仲が良いのです。
上に乗せられた白髪ネギを添えて頂くとシャクシャクした食感が良いです。タレは掛かっていないのですが、充分に味が沁みていてなおかつ濃すぎないので思ったよりも上品な後味。一人だと結構食べ応えがあります。厳密に言えばレバ刺しではないのですけれど、カツオの叩きの様な作り方で中は完全な生なので、区分としてはレバ刺しに入れました。
■ もつ焼き横丁 ニシキ屋
■住所: 墨田区江東橋2-17-1 
■電話: 03-6659-3201
■営業時間: 17:00~24:00、(日)(祝)16:00~24:00(LO各30分前)※変更の場合あり※実際、日曜日には21:00でラストオーダーの時がありました
■休日 なし

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 元々実家では母親がレバーはペケでしたので、それでも身体に良いのだからとレバーの佃煮という硬く煮締まったレバーの醤油煮を食べさせられていて(彼女は味見をしないで作っていた)、今考えると甘みの欠けたしょっぱい代物であったのですが、いつの頃からか故郷を離れ一人暮らしをしてレバ刺しというものを好んで食べるようになっていました。 そんなことをつらつらと考えていたら、恐らく初めてレバ刺しというものを口にしたのは今回取り上げるお店だと思います。もう一軒近場にある居酒屋さん(もつ焼き屋さん)もレバ刺しを売りにしているので、こちらも先に訪れて記事にしようとしたのですけれど、どうも写真を撮らせて下さいと頼む雰囲気でもなく、しかもコバエが多くて注文したホッピーのジョッキにも入っているし、食べているとレバ刺しの皿にも入ってしまったり(泣)、時節柄仕方ないのですけれど、記事にするのをためらってしまいます。
ae9c57fb.jpg レバ刺し不確かですが、¥250ほど、いや¥300でしたか、ハッキリしないですけれどもいずれにしても安いのは間違いありません。薄くスライスしたレバーを8枚ほど並べて角皿に盛り、上からショウガの効いた特製のタレを掛けて供されます。胡麻油もそこはかとなく含まれていて酸っぱいのではなくやや甘いタレは実に7・8年ぶりに訪れたのにも拘らず、いきなり記憶の扉を開けてくれました。他には手頃な価格でもつ焼きを中心に楽しめますが、昔のお気に入りだったのは手羽餃子。今回は食べませんでしたが、余所のような揚げるスタイルではなく焼き台(ガス)でジックリ焼かれていてパリッと焼けた外側は香ばしい一品です。

■ 鳥料理 鳥宣 (とりせん)
■住所:東京都江東区扇橋2-4-4 最寄駅は都営新宿線 住吉駅
■TEL:03-3645-7769 
■営業時間:16:30~24:00
■夜10時以降入店可、日曜営業
■定休日:火曜日

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 有り難いことに、安定的にご訪問頂けているようで、記事のアップがそれに追い着いていない現状ですが、ゆるーく、マイペースでアップしていきます。今後ともご贔屓にどうぞ。
会社帰りにバスに乗っていていつも気になっていた通り。京葉道路をひた走るバスの停留所でいうと亀戸6丁目でしたでしょうか。昭和 橋通りと書かれています。途中下車して見ることにしました。思ったよりも色々なお店があり、なかなか良さそうなところです。首都高(7号小松川線)に向かって歩いていくと、赤提灯の灯るお店を見つけました。提灯には『もつ焼き』と書かれているので期待が高まります。
まだ早い時間ですので先客は一人。カウンターの離れたところに席を構えます。奥には小上がりがあって6人ほど座れますがカウンターは6席ほど。こじんまりとしたお店です。
3e10ad60.jpg レバ刺し¥350。タップリ掛けられている刻みネギと隅にチョンチョンとニンニク、ショウガが絞り出されています。それと珍しいのはワカメ。魚介の刺身の感覚、それも鰹のようです。
鮮度も申し分なくこういうのが¥350で頂けるのは下町ならでは。他に焼き物ももちろんありますけど、それほどメニューは品数的には多くはありません。その中でも一際目を引いたのは白キムチ¥250というもの。水キムチみたいなものかと思って、注文したら確かに白キムチ。唐辛子の赤はなく(辛うじて何片かの鷹の爪の輪切りが散見された)、口に入れるとニンニクの香りがする白菜の漬物。今度は焼き物も頂く事にしましょう。
■大翔
■お店データは食べログなどグルメサイトに載っていません。
Googleマップで確認したところストリートビューでは違うお店ですので
比較的最近開店されたお店のようです。
■住所:江東区亀戸6-47

拍手[3回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME