忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 東京都内というのは中心部はもう、少し歩けば他のJRや地下鉄の駅にぶち当たるというぐらいの地下鉄網の発達が目覚しいのですけれども、 中心部から離れて周辺地域になればなるほど、そうした交通網の駅からは離れてバスを活用しなければ一苦労といういわゆる『陸の孤島』とも言うべき地域もあります。地方の感覚からすればまだまだ恵まれている方ですけれど。
今回取り上げるお店はそうした場所にあります。都営新宿線一之江駅から1.55km(なび東京によるデータ)ということですから、徒歩20分ほど。JR新小岩駅から船堀駅方面のバスに乗ると『東小松川1丁目』(錦糸町、亀戸からのバスでも同じ)で降りると近いです。
『同潤会通り』という通りと首都高の小松川線の交わる辺り、『六兵衛』さんというお店。仕事でこの通りを通るたびに気になっていたお店です。細長いお店は意外に奥に長く伸びるカウンターと小上がりがあります。
3d04b546.jpg レバ生¥120/本。最初メニューに無かったので判りませんでしたが、隣のお客さんが注文しているので、それに便乗する形で。串に刺さっているように、焼き物のネタをそのまま生で提供してくれるというもの。ということは焼き物のレベルも推して知るべし。
プリップリのレバーはもちろん臭みなど微塵もなく、ハイレベルなお店にここで出会うとはと驚かされました。ニンニクとしょうが,どちらか選べるようです。また一本からでも注文できるようです。ちなみにホッピー¥420も氷入りか氷
無しが選べます。
■六兵衛
■住所 :東京都江戸川区松江2丁目23-2
■電話:03-3654-8415
■定休日はお店に問い合わせてください下さい。確か日曜は営業でした。

拍手[2回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 少しずつグズついた天気の日が増えて来て、そろそろ梅雨が近づいて来て居ますね。梅雨のない北の大地で生まれ育って、こちらに来ておよそ20年近く経っていても未だに梅雨時期の蒸し蒸しした湿度には慣れることがありません。
少し前の晴れた日に自転車に跨って 河原でBBQをしに仲間同士で出掛けました。荒川を越えると四つ木という好立地なので、夕方日が傾き始めると、撤収して四つ木を経由して立石を訪れました。立石と言えば名店ひしめく中でも、宇ち多゙を訪れましたが、予想通り待っている人も居て、我々は4人、すんなり入るには時間がかかりそうですから、他のお店にしました。駅の北側の商店街を少し行ったところにある三平さん。
17f1b311.jpg レバ生なんと¥70!!今まで出で最安値です。レバ刺しというよりかは、焼き物の串に刺した状態ですけれども、生でも食べられる状態のものをそのまま提供して下さっています(感謝)。それにしてもこのプリプリ感は堪りませんね。値段からは考えられない位の鮮度で臭みは全くなし。タップリのねぎも嬉しいです。3本ありますがこれは一人一本から頼めるようです。他に特筆すべき点は、生のホッピーの取り扱いがあること。キッチリ冷凍庫で凍らせたジョッキに冷えた焼酎を入れ、生のホッピーを注ぐ、三冷主義をキッチリ守っているお店。そのお味が不味かろうハズがありません。他店で飲んだ生ホッピーよりもまろやかな味でした。
■三平 (さんぺい)
■住所:東京都葛飾区立石4-27-16
■TEL:03-3691-5077
■営業時間:17:00~21:00
■定休日:日曜・祝日

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 今月もまたあと残すところ僅か。どうにも更新がままならないというか、こんなペースで推移していますなぁ。レバ刺しも見つかる時はちょくちょく見かけるのに、出会わないときは探すのに一苦労。今後ともよろしくお願いします。
以前取り上げた小岩の『小岩漁港 駒鳥』さん。錦糸町で 同じ名前の『立飲処 もつ焼き 駒鳥』というお店を発見。ありふれた名前ではないので何か錦糸町に支店を出されたのかと思ったのですが、後日調べたらどうやら移転されたようです。先日、ようやく訪問することが出来ました。
af29f182.jpg レバ刺し¥350。小岩のお店では座席がありましたが、こちらは『立飲処』ということで立って飲みます。テーブルは高さが丁度良いです。出て来たレバ刺しを見て、見覚えのあるプレゼンテーション。レバーのスライスを並べて堰を作り胡麻油を広がらないようにしてネギをあしらってあります。手前には塩、ショウガ、ニンニク。
およそ立ち飲み屋さんの雑然とした感じではない、まだフレッシュな内装にも似合った白い角皿で、程好くプリプリしたレバー。臭みもなくお値打ちです。
チョッと広めの店内には大きい薄型TVがあって一人ぼんやりするにはうってつけです。
■ 立飲処 駒鳥
■住所: 墨田区江東橋3-11-3  日産ビル1F
■電話: 03-5600-9877
■営業時間: ●[月~金]15:00~24:00(LO23:30)
●[土日]12:00~24:00(LO23:30)
■休日: なし

拍手[3回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 1   COMMENT : 1  △ 

 早いもので4月も後半に入ってしまっております。桜も散り春うららか、という訳でもなく暑過ぎたり今日は幾分爽やかを通り過ぎてやや肌寒く感じる時もあったりと気温の変化が激しい今日この頃です。
亀戸で昔馴染みのバー(ショットバー)がありチョッと下町らしからぬ風情で洒落ているのである時期良く通ったお店がありその斜め向かいに何か焼き鳥屋さんがあったなぁと思い出し行ってみたのがこちら。その当時見掛けていたお店かどうかは定かじゃありませんが、もつ焼きのお店があったので入って見ることにしました。『松ちゃん』というお店です。
7e385fe9.jpg レバ刺し¥250 (驚)。いわゆる大衆居酒屋でよく使われている刺身を乗せる角皿に6切れ。大きさも決して小さくなくこれで¥250とは驚くしかありません。タップリのネギとニンニク、胡麻油を回し掛け、白胡麻とグラインドのコショウを振りかけているのが珍しいです。プリプリ加減も申し分なくCP(価格対満足度、費用対効果)が高いと思います。それにしてもこちら、実にこれ以外にも値段が安く、これから通うのが楽しみなお店です。平井の『松ちゃん』の支店だという情報が出ていました。
■居酒屋 松ちゃん 
■住所:東京都江東区亀戸2-38-2
■TEL:03-5609-5565
■営業時間 :15:00~24:00
■定休日:木曜日・第三水曜日

拍手[1回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

  ここのところ、急速に暖かくなり桜も開花。咲くまでは楽しみなのに散り始めると寂しく感じる今日この頃です。
以前の記事冒頭で述べた、素晴らしき出会いをしたお店、これが今回取り上げる『おばこ』さんです。新小岩の駅からやや離れていて通りすがりでの振りの客は臨めそうにない、辺りにはあまり飲み屋さんなどない住宅地にあるお店。焼き物の煙が勢い良く換気扇から吐き出されているのが目印か。換気扇は焼き台の目の前の窓に直接取り付けられているため、効率が大変良さそう(笑)。良く見ていると立ち昇った火が吸い込まれています。
fce3772a.jpg レバ刺し¥500。ニンニクかショウガを薬味で選べます。ニンニクを選びましたが業務用のボトル入りのタイプではなくお店で摩り下ろした感じ。好感が持てます。塩と魔法の白い粉がデフォルトで掛かっていますが、これは無いほうが好みですけど、下町ではまぁ一般的ではあります。後日改めて訪問した際にはタン刺しも頂きましたが、同じスタイルで提供されました。
大振りの角切り、スライスとはチョッと言い難い厚さで一人で食べるには食べ応え充分。店の雰囲気と相まって常連客が通う訳が分かります。
■ おばこ 
■住所:東京都江戸川区松島4-33-6
■TEL:03-3653-0852 
■営業時間:17:00~23:00
■定休日:木曜日
※夜10時以降入店可、日曜営業

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME