忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 今月の初め、大阪に出掛けて参りました。仕事の出張とかではなくて個人的な出張(つまり遊び)で、ほぼ二日間目一杯遊んで来ました^^v。
その中で、レバ刺しがあったらすかさず食べようと思っていたら、やはりありました愛しのレバ刺しちゃん♪名前こそ『キモ刺し、生ギモ』と違えどもさすが食い倒れの街・大阪ですねレベルの高いレバ刺し頂けました。
動物公園前駅という駅を北に向かえば通天閣でお馴染みの新世界、南に向かえば飛田新地という好立地の西成地域。いやはや日本にもまだこんな場所があったかと思うぐらいの、初めての人にはカルチャーショックを受ける場所を昼間っから飲み歩くというのは、なかなか刺激的です。でもいつもではなくたまにですから許されるでしょう。
3de8110b.jpg 生キモ¥500。針ショウガがダイナミックに載せられ、胡麻油と塩がタレとして角皿の窪みに入れられています。写真を見てもらえば判るとおり通りの鮮度、素晴らしい!こちらのお店はキムチを店頭で売っているその店内で食べられるようになっています。韓国の方が自家製でキムチを仕込みながら韓国料理を提供してくれます。ということでこのレバーも牛レバーということです。分厚く切られていて、食べ応え充分。韓国料理屋さんだったら軽くこの二倍は取られるのではないのでしょうか?
fe03fb12.jpg キュウリのスライスが付け合わせで良いアクセントになります。サッパリとした口直しですね。奥に見えるキムチはオイキムチ・白菜キムチ(ペチュキムチ)・カクテキの三種。本来は一品売りのようですが盛合せにしてもらい¥320と激安、しかも色から想像するほど辛くはなく味付けも控えめ、つまりしょっぱくはありません。こんなお店が近所にあったら良いのに、と思いました。
■キムチ屋
詳しいお店データは検索しても出て来ませんでした。
悪しからず。
*萩之茶屋2丁目、萩之茶屋商店街の中、飛田本通商店街から南海・萩之茶屋駅に向かって歩くと少し手前のあたり。

拍手[1回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK URL
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME