忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 ようやく昨年末の最後のネタをアップできることになりました。これで無事年越しです(爆)。それも偶然ですが当ブログの1番最初に取り上げたお店に再訪なのです。その日は当てにしていたお店が忘年会シーズン真っ只中で超満員、断られて巡り巡って辿り着いたのは何かの縁でしょうか?
♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪
都営浅草線の『本所吾妻橋』駅から少し南側の大通りから一本入った裏通りにあり、近くにはこの界隈で人気の居酒屋『稲垣』があり、『とん平』さんは立地的に不利ですが同じくらいコアなファンをガッチリ掴んでいるのはオヤジさんの人柄もあると確信しています。
d454c0b3.jpg  レバ刺し値段は不明。というのもレバ刺しや鳥わさ、鳥刺しといった生ものは本来のメニューには無くいわば裏メニューだからです。夏場は危ないと思えば出してくれないこともあり、切り置きの場合もあるけれどその場で切ってくれることもあります。薬味はニンニク・ショウガを選べますが、ワタクシは常にニンニクを頼むのでデフォルトでニンニクがネギと共に小皿に乗っかって出てきます。また胡麻油のボトルも用意されていて、外側がベタ付くと思うと、一旦お湯で洗い流してくれる念の入りよう。それならば中も洗ってくれれば良いのにと思うのは内緒^^;)
ニンニクはすりおろしたて、ネギもシャキシャキしていて、それをレバーに乗っけて醤油と胡麻油を回し掛け、チョイと七味で辛味をプラス。ココのすぐ近くに『やげん堀』でお馴染みの中島商店があるので、コチラのお店のの七味ももちろんという感じでやげん堀を使用。家で使うといつの間にか辛味や風味が飛んでいるということが多いのですが、ここのは回転が速いのかいつでも新鮮。このレバーをつまみ、カウンターの中で炭火で焼いている焼き鳥を見ながらホッピーを飲むひと時が堪らないのです。
■  とん平 (とんぺい)
■住所:  東京都墨田区東駒形3-22-2 
■TEL: 03-3625-0173 
■営業時間 : 17:00~23:00
■定休日:  日曜日
*夜10時以降入店可

拍手[0回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK URL
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME