忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 浅草というのは住まいから近いといえば近いし、アクセスするにはバスが便利なのですけれどもその路線の最寄りのバス停まで 歩くと結構な距離になります。その分を別方向に歩くともう既に浅草の玄関口である吾妻橋のたもとに辿り着くというぐらいの場所。実に微妙な距離なのです。そこで最近は普段の運動不足を解消すべく、ひたすら歩いて行くことにしています。
そんな浅草をブラリブラリと何度も行くうちに、結構街のあちらこちらを詳しく知るようになって来ましたが、浅草のビューホテルのすぐ近くにこんなお店がありました。
 7c8cd94a.jpg
レバ刺し¥280。これは普段食べている食感とやや異なるので、日曜日ということもあるし、鮮度が悪いのかな?と一瞬疑ってしまいましたが、最後に尋ねると鶏のレバーだそうです。それほど大きさは大きくないのも頷けました。5・6切れといったスライスのレバーに胡麻油と塩がデフォルトで掛けられていてニンニクと刻んだネギが添えられていました。
こちらのお店、他にも支店、姉妹店といったお店が近くに一軒、もう一軒は少し離れた場所にあるようです。もつ焼き・やきとりが一本¥50というのはお安いですね、但し注文は2本からなのですけれど。ホッピーもセットで¥300、日曜日は11時から飲めるようです。
今回は軽く行っただけなので、もう少し何度か通って様子を見てみたいお店です。
■大衆酒場 浅草ライス
■住所:東京都台東区浅草2-19-2 望月ビル 1F
■TEL:03-5828-3635
■営業時間:[月~金]:15:00~翌4:00
[土]:11:00~翌4:00
[日・祝]:11:00~23:30
*日曜営業


大きな地図で見る

拍手[2回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 早いもので二月も終わりを迎えようとしています。数日前から寒さも和らいで春の兆しが見えたかに思えたのですけれども一昨日あたりからの冷たい雨で逆戻り。今日も雨が降っているようで、その実、窓から眺めているとどうもみぞれ混じりのような気がするのですが・・・。
今回取り上げるお店は浅草橋の立ち飲み屋さんではかなり老舗格と言ってもいいと思うのですけれど、西口やきとんさん。最近のお店事情しか知らない方々には何故『西口』やきとんなのか疑問の声も多いようですけれど、以前は西口改札を出たすぐのところにお店があったため、だそうです。 その現在ではその場所を離れて後述する地図で示す通り、西口改札から北西に徒歩で3分ほどの場所に移動したのですけれど、名前はそのままなので前述したような疑問を投げかける人もいるという訳ですね。
以前はチョクチョク行っていたのですけれど、何故だか足が遠のいていたのです。久々に秋葉原の帰りに立ち寄ってみました。  浅草橋がもちろん最寄の駅ですけれども、秋葉原からもたらたらと歩いて10分ほどで到達できるのです。2a1bc19c.jpg       レバ刺し¥100/本。 一本から注文できますが好きなものなので、2本頼みました。レバーは文句なくプリプリの新鮮さ。焼き物に使うものと同じものなので、串に刺さって提供されるのは、立石の『宇ち多゙』さんと一緒のスタイル。
横に添えられた味噌はこのお店独自の特製味噌で、白味噌、砂糖、酒、ニンニク、一味他数種類の材料を混ぜて作っているのを見たことがあります。この味噌はレバ刺しを注文すると自動的についてくるのですけれど、レバ刺しを食べた後、もつ焼きを塩で頼んで、この味噌をつけて食べてもイケます。またレバ刺しを頼まなくても、この味噌だけを頼めば『別みそ』と言ってサービスしてくれます。甘くもなく辛いこともないのは元々料理人として修行していたコウちゃんの手腕に掛かるところ大だと思います。またこのお店の煮込みも塩煮込み¥150なのですけれど、その煮込みも絶品です。立ち飲み屋さんですから、入口の焼き台のまわりから中ほどまでのカウンターまではいつもお客さんで一杯なのですけれど、奥には20人ほど座れるテーブル席もあり座りたい方はそちらへどうぞ。
■西口やきとん
■TEL:03-3864-4869 
■住所:東京都台東区浅草橋4-10-2 
■営業時間:16:30~23:00(L.0)
[土]:16:30~21:00(L.0)
■定休日:日曜日・祝日


大きな地図で見る

《注》
拡大すると地図上でマーキングされているビルはどうも違うようです。東隣のビルが正解です。

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 2  △ 

 先日トラックバックして頂いた記事(実験君)に敬意を払って、という訳でもないのですけれど偶然にも今回取り上げるのはやはり『ひなどり』さんのレバ刺し。写真は一月末に再訪の時のものです。 
王子のとある立ち飲みのおでん屋さんでお会いしたお客さんで、やはりレバ刺しがお好きな方が居てレバ刺しがあるか、どうかがお店を選ぶ基準であるとおっしゃる。ワタクシもレバ刺しは好きだけれど、それを選ぶ判断基準にするとなるとかなり選択の幅が狭まるので、レバ刺しがあるお店は、やるなと密かに喜ぶのです。
5d569cb0.jpg そのひなどりさんのレバ刺し¥150。その方も賞賛されるこちらのレバ刺しは、久し振りに食べましたが、やはりこのお値段でこのクオリティは素晴らしいと思いました。
切り置きで、密閉容器から小皿に5・6切れ入れて供されますが、この日もプリプリしていました。。写真を撮っているとお店の方が初めて食べるの?と尋ねられましたが、いえいえ説明すると長くなりそうなのでニッコリ笑顔で返しておきました。
■ やきとり ひなどり
■TEL:03-3836-0780
■住所:東京都台東区上野6-7-3

大きな地図で見る

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

 先日の豊田屋さんを訪れ軽く飲んでから、本番の飲み会を済ませた後、皆と別れ久し振りの池袋で行きたかったお店に移動しました。池袋西口からビックリガードを潜って、東口 方面に抜けると、大型書店のジュンク堂が出て来ます。そのすぐ裏手の方の中通りにこちらのお店があります。考えてみますと、みつぼさんの江戸川橋の本店、高田馬場店に引き続いてこれで3店舗目になり今はもうない護国寺のお店は行けないので、これで今のところ完全制覇となりました。
5d00ed33.jpg 刺し盛り¥750。こちらの店では今までついついレバ刺しを注文してしまっていましたが、今回の狙いはこの刺し盛り。コブクロ、タン、ハツ、ガツ、レバーがミックスで盛り合されて一人で食べるにはかなりのボリュームがあります。時間的には決して早くはないですけれど、そんな時間でもプリプリした鮮度感は衰えず。タップリ添えられた刻みネギとニンニクおろし、酸味の効いたタレ、いずれもみつぼさん各店に共通するもつ刺しは良いですねぇ。
3つのお店はそれぞれキャラクターが異なり、どこも甲乙つけがたいですけれど、活気溢れる高田馬場とはまた異なった魅力を感じました。
■やきとんのみつぼ
■住所:東京都豊島区南池袋2-16-1 長岡ビル 1F
■TEL:03-3988-1396
■営業時間:16:30~24:00(夜10時以降入店可)
■定休日:日曜・祝日・お盆・年末年始



大きな地図で見る

拍手[3回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 1  △ 

 今年に入ってからレバ刺しにとんと縁がなかったのですけれど、つい先日ようやく食べる機会に恵まれるとその日はどういう訳だか、幸運にも連続して二軒でゲットできました(嬉)。どちらもレベルは高くなんとも幸運な夜でした。
b1209fbf.jpg その場所は池袋。久し振りの訪問地でしたが、いつも気になっていた西口を出て右側に進むとすぐに見える焼き鳥屋さん(もつ焼き屋さん?)はあいにくカウンターが満席で振られたため、他に、と探したお店でこの付近で何軒かある豊田屋さん。ホッピーを頼みながらお店の壁に貼られたレバ刺しの文字を見ると内心小躍りしながら即注文したレバ刺し¥600。タップリ注がれた酢醤油にレモンが彩りも鮮やかに、これまたタップリとニンニク、刻みネギが添えられています。 やや小振りにスライスされたレバーは枚数も多いのですけれど、場所が場所だけに¥600というこのお値段は仕方がないのかもしれません。もしこれが¥500だったりしたらもっと嬉しかったり。
お店は古典的なもつ焼き屋さんの造りですが、特徴的なのは外を通り入ろうか迷って店内を覗いているお客の背中を押すかのように、スピーカーから聞こえて来る男性の声。中に入ると御主人がぶら下がった2本のマイクを駆使して声を掛けていたのでした。またこれは帰りしなにお客さんにも声を掛けるのに使われております。
■豊田屋 一号店
■住所:東京都豊島区西池袋1-34-5
■電話:03-3985-8415
■定休日:日曜日(日曜日も営業しているとの記述も見つかりました)
■営業時間:16:00 - 23:30

大きな地図で見る

拍手[0回]

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 1  △ 
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME