忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

 早いもので二月も終わりを迎えようとしています。数日前から寒さも和らいで春の兆しが見えたかに思えたのですけれども一昨日あたりからの冷たい雨で逆戻り。今日も雨が降っているようで、その実、窓から眺めているとどうもみぞれ混じりのような気がするのですが・・・。
今回取り上げるお店は浅草橋の立ち飲み屋さんではかなり老舗格と言ってもいいと思うのですけれど、西口やきとんさん。最近のお店事情しか知らない方々には何故『西口』やきとんなのか疑問の声も多いようですけれど、以前は西口改札を出たすぐのところにお店があったため、だそうです。 その現在ではその場所を離れて後述する地図で示す通り、西口改札から北西に徒歩で3分ほどの場所に移動したのですけれど、名前はそのままなので前述したような疑問を投げかける人もいるという訳ですね。
以前はチョクチョク行っていたのですけれど、何故だか足が遠のいていたのです。久々に秋葉原の帰りに立ち寄ってみました。  浅草橋がもちろん最寄の駅ですけれども、秋葉原からもたらたらと歩いて10分ほどで到達できるのです。2a1bc19c.jpg       レバ刺し¥100/本。 一本から注文できますが好きなものなので、2本頼みました。レバーは文句なくプリプリの新鮮さ。焼き物に使うものと同じものなので、串に刺さって提供されるのは、立石の『宇ち多゙』さんと一緒のスタイル。
横に添えられた味噌はこのお店独自の特製味噌で、白味噌、砂糖、酒、ニンニク、一味他数種類の材料を混ぜて作っているのを見たことがあります。この味噌はレバ刺しを注文すると自動的についてくるのですけれど、レバ刺しを食べた後、もつ焼きを塩で頼んで、この味噌をつけて食べてもイケます。またレバ刺しを頼まなくても、この味噌だけを頼めば『別みそ』と言ってサービスしてくれます。甘くもなく辛いこともないのは元々料理人として修行していたコウちゃんの手腕に掛かるところ大だと思います。またこのお店の煮込みも塩煮込み¥150なのですけれど、その煮込みも絶品です。立ち飲み屋さんですから、入口の焼き台のまわりから中ほどまでのカウンターまではいつもお客さんで一杯なのですけれど、奥には20人ほど座れるテーブル席もあり座りたい方はそちらへどうぞ。
■西口やきとん
■TEL:03-3864-4869 
■住所:東京都台東区浅草橋4-10-2 
■営業時間:16:30~23:00(L.0)
[土]:16:30~21:00(L.0)
■定休日:日曜日・祝日


大きな地図で見る

《注》
拡大すると地図上でマーキングされているビルはどうも違うようです。東隣のビルが正解です。

拍手[0回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 2  △ 

始めまして(爆

ローサー  URL  2010/03/02  EDIT  RES

ローサーと申します。
また遊びに来さしてもらいます~(^_^)v

Re:始めまして(爆

 2010/03/02

>ローサーさん
初めまして(笑)
コメントありがとうございます。
更新頻度は月に2・3回程度になってしまいますけれど
これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

無題

キティ    2010/07/14  EDIT  RES

友人と肉食女子会を作っています。
毎回参考にさせていただいています。
かなり行きましたよ。
ありがとうございます。

Re:無題

 2010/07/14

>キティさん
ご訪問&コメントありがとうございます。
最近では『ホルモンヌ』とかいう言葉もあるぐらい
肉のみならずホルモンにも抵抗なく食される
女性が増えているようですね。


住まいが東京の東部ですから
必然的にこちら側になりますが
参考になっていれば幸いです。

今後ともご贔屓にどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK URL
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME