忍者ブログ

レバ刺し連合

レバ刺し大好きなので レバ刺しメインのブログです。
A A A
HOME
2017
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : Crystal Boy ×
   △ 

  とうとう、細々と続けてきた当ブログですけれども、今回で100回目の記事になりました(パチパチ)。最初は読んで下さる方が現れるのか?と疑問に思いつつもアップし続けてきましたが、やはり同好の方のアクセスも多いようで、最近では安定して13・40ほどのアクセス数があるようでありがたいことです。
 記念すべき100回目のお店は、と気張る訳でもなく普段通りに。神奈川県は横浜市の北部、鶴見の近くにある生麦という駅。ビール党からすれば高速の横羽線を走っているとキリンのビール工場が気になるところであります。この町で初めて飲む機会がありましたが、偶然にも良さそうな大衆酒場に出会うことができました。
P2194663rebasashi.jpg 牛レバさし¥500。牛と豚とでは関東の場合豚の方が割安で流通しているようなので、牛レバーの方がやや高いのが普通ですけれども、牛レバ刺しで¥500とはかなりの割安感を感じますね。薄くスライスされたレバーが6枚ほど。小口切りの万能ネギが散らされていて、赤との対比が鮮やかです。こちらの店の少し先(駅方面から来て)には国道15号線(第一京浜)がありその向こうにキリンビールの工場が見えています。当然こちらのお店のビールもそこから?との問いかけに、多分ねとのお店の方の言葉がありましたが、ビールに関してはそれほど安さというのは感じません。その代わりといってはなんですけれど、瓶ビールは一番搾り、ラガー、クラシックラガーと三種類揃っているのは流石とも言うべきなのでしょうか。クラシックラガーを指定して、普通のラガーが来たのはご愛嬌。
■トン幸
■住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦3丁目7-2
■TEL:045-502-6181
※営業時間、定休日は不明
但し、実際に16時過ぎに訪れて先客が居るぐらいでした。

大きな地図で見る

拍手[0回]

PR

 author : Crystal Boy ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK URL
"Crystal Boy" wrote all articles.
http://liversashi.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME